ここまですごい波しぶきを浴びることができる岬は体験したことがない「残波岬灯台」(沖縄中頭郡読谷村)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

この日は、沖縄ママチャリ放浪でも、最長の距離を走り抜きました。
那覇の市街地からは、片道約35kmほどありましたね。
その目指した先がここ、「残波岬灯台」です。

ここまですごい波しぶきを浴びることができる岬は体験したことがない「残波岬灯台」(沖縄中頭郡読谷村)

見た目、平穏そうな天気の青空のように見えますよね。
しかし、めちゃめちゃ強風の日やったんですよ。
ですので、この岬を目指したのもあります。

スポンサードリンク

遊歩道もしっかり整備されており、綺麗な公園です。
ここまですごい波しぶきを浴びることができる岬は体験したことがない「残波岬灯台」(沖縄中頭郡読谷村)

この岬が残波と言われるのはこれですね。
ここまですごい波しぶきを浴びることができる岬は体験したことがない「残波岬灯台」(沖縄中頭郡読谷村)

ここまですごい波しぶきを浴びることができる岬は体験したことがない「残波岬灯台」(沖縄中頭郡読谷村)

ここまですごい波しぶきを浴びることができる岬は体験したことがない「残波岬灯台」(沖縄中頭郡読谷村)

めちゃめちゃ波が高いです。
高さ約30mの断崖が約2kmも続く岬なんですけど、
そのちょっとへさきに行くと、波しぶきがかかってくるくらいです。
旅本編にも書きましたが、東映映画のオープニングのようです。

ただ、その足場はかなり悪いんでご注意を。
ここまですごい波しぶきを浴びることができる岬は体験したことがない「残波岬灯台」(沖縄中頭郡読谷村)

琉球石灰岩でできているんです。
ここまですごい波しぶきを浴びることができる岬は体験したことがない「残波岬灯台」(沖縄中頭郡読谷村)

こんなとこ、落ちたら確実に死にますからね。
柵もないですし、おっかなびっくりで進みました。

こちらの銅像、誰だろ?
ここまですごい波しぶきを浴びることができる岬は体験したことがない「残波岬灯台」(沖縄中頭郡読谷村)

その名は泰期(たいき)。
1373年に、琉球王朝の使いとして、中国に渡った人物。
中国の様々な物資を、琉球王国に輸入した先駆けとなり、
「商売の神様」とも呼ばれております。

そして、巨大なシーサー像。
ここまですごい波しぶきを浴びることができる岬は体験したことがない「残波岬灯台」(沖縄中頭郡読谷村)

高さ8.75m、全長7.8mあります。

その後は、ここ残波ビーチでゆっくり休憩。
ここまですごい波しぶきを浴びることができる岬は体験したことがない「残波岬灯台」(沖縄中頭郡読谷村)

ちょうど岬の南側に位置しており、ここは穏やかな海でした。
入り江になっているからかな?

なかなか他の岬ではお目にかかれない光景でしたので、遠出の甲斐がありました。
この日は強風で、灯台への入場も禁止されておりましたが、
普段の日なら、大人200円で、上まで上るこもできますよ。
ただ、強風の時こそ、ここの岬は醍醐味を味わえます。
しかし、私の旅では荒れる天気ってのも結構多いな(^^;)

住所:沖縄県中頭郡読谷村字宇座1861

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)
スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。