義経伝説は北海道にもあるのか?アイヌ民族と一緒に暮らした?「義経神社」(北海道平取町)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

悲劇のヒーローと言われる、源義経。
それゆえ、古くから日本人に愛されるキャラクターですね。
全国あちこち巡っていても、「義経ゆかりの・・・」って言葉をよく目にします。
そして、北海道にもその義経ゆかりの・・・もんがあるんですよ。
沙流郡平取町にある「義経神社」を訪問しました。

義経伝説は北海道にもあるのか?アイヌ民族と一緒に暮らした?「義経神社」(北海道平取町)

非常に立派な鳥居。
この鳥居をくぐって登った、小高い丘の上にあります。

スポンサードリンク

あ、私は車で上ってきて、このすぐ傍に停めましたけどね(^^;)
義経伝説は北海道にもあるのか?アイヌ民族と一緒に暮らした?「義経神社」(北海道平取町)

見た目は何の変哲もない神社のように見えます。

確かに義経神社と書かれております。
義経伝説は北海道にもあるのか?アイヌ民族と一緒に暮らした?「義経神社」(北海道平取町)

なんでも、この地のアイヌ民族が尊敬する英雄、
それが源義経であるのではないかという説があるらしい。
奥州平泉を逃れた義経は北海道に渡り、
その地のアイヌ民族に、農耕やものづくりに関することを、色々と教えたんだそうな。

近くにはこんな建物もありました。
義経伝説は北海道にもあるのか?アイヌ民族と一緒に暮らした?「義経神社」(北海道平取町)

義経伝説の里「びらとり」・・・
ホントに滞在したのかは、その確率はほぼ0%やと私は思いますけど。
そして、さらに北海道から樺太に渡り、中国へ。
チンギス・ハンは義経であるという伝説は、
日本史好きな方なら誰でも知ってる事柄ですね。

常磐御前、静御前の墓?
義経伝説は北海道にもあるのか?アイヌ民族と一緒に暮らした?「義経神社」(北海道平取町)

義経の母と妻ですね。

説明書き。
義経伝説は北海道にもあるのか?アイヌ民族と一緒に暮らした?「義経神社」(北海道平取町)

義経ゆかりのお二人として、奉られております。

また、境内には義経資料館もありました。
義経伝説は北海道にもあるのか?アイヌ民族と一緒に暮らした?「義経神社」(北海道平取町)

入場料は大人200円と有料やったんで、中には入ってません。
私は判官贔屓ではないからな・・・

というわけであくまで伝説の神社です。
私好みの珍神社ではなかったな。

住所:北海道沙流郡平取町本町119-1
電話:01457-2-2432

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。