大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

年末年始旅で、大和ミュージアムにやって来ております。
別ブログでは、戦艦大和にスポットを当てて、前編としてご紹介しました。
以下のリンク先をご参照ください。

10分の1スケールの戦艦大和は圧巻の展示!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)前編
こちらの施設は、以前の旅で1度訪問済みやったんですけど、 再訪するだけの価値が私にはありました。 全国あちこち旅の道中、こういう戦時史料...

その他の展示物を、こちらのブログで後編としてご紹介いたします。

まずはこれですね、ゼロ戦62型。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

私は日本全国旅の道中、戦時史料館にできるだけ立ち寄るようにしております。
例えば、以下の施設、リンク先にて記事にしております。

海上自衛隊鹿屋航空基地史料館(鹿児島鹿屋)零戦52型との出会い
今回の鹿児島弾丸フェリーの旅。 滞在時間はわずか6時間です。 「弾丸フェリー0泊3日の旅 大隅半島滞在わずか6時間」の記事はこちら! ...
靖国神社 遊就館(東京九段下・市ヶ谷)零戦と彗星と桜花を展示
今回の東京旅にて、締めくくりに訪問したかった場所。 2014年ゴールデンウィーク東京4泊4日旅(4日目前編)記事はこちら! JRで向...

「大刀洗平和記念館」の記事はこちら!

零戦を展示物にしている施設多いんですよ。

大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

この零戦62型は、最終大量生産された52型を基に、爆弾を搭載したタイプ。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

戦闘爆撃機になっています。

前方より。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

上の階より。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

説明書き。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

最初、このゼロ戦の実物を見た時って結構大きいなって感じました。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

ずっと太平洋の戦記を読んでいると、
ゼロ戦の運動性能のよさを誇示したものが多かったです。
なので、もっとコンパクトで身軽そうな機体を想像してたんですよね。

スポンサードリンク

「栄」空冷エンジンと一緒に。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

他の展示。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

93式酸素魚雷。

その説明。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

日本の技術の賜物と言ってええです。
こういう第二次大戦時の戦記ものを読んでいると、
日本の軍事技術のレベル高さが分かるんですが、
航跡を残さない魚雷として、太平洋戦争時、最初に開発できたのは日本でした。
太平洋戦争初期に、日本の水雷部隊が活躍できたのもこの魚雷のおかげです。

しかし逆に、こういうのが嫌ですね・・・
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

特攻兵器「回天」。

その説明書き。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

なぜに、そんな人間の命を軽視した兵器を開発したのか・・・
この回天見ても、めっちゃ小さいんですよ、魚雷に操縦席つけたようなもんです。
こんなところに閉じ込められて、敵に向かっていくなんて信じられない。

特殊潜航艇「海龍」。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

この潜水艦は結構大きいです。
ちょうど、見学客の方も写っているので、その大きさはお分かりかと。

その説明書き。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

そう、この潜水艦も実は特攻兵器・・・
魚雷発射後は、敵艦に突入する目的に造られていたんです。

そういうバカな戦いをした象徴の写真がこれです。
大和以外にも、戦時史料館としての展示は全国有数!大和ミュージアム[呉市海事歴史科学館](広島呉)後編

ここ呉港沖で爆撃を受け、大破した戦艦の最後。
お国のためにと死んでいった方々はなんだったのかってくらいに、
ボロんちょんにやられてしまう、その実情。

1階には、様々な時代を追った展示物がありますが、じっくり見て下さい。
ここ大和ミュージアムでも、誰もが現在の日本の平和を、感謝する心が生まれるはず。
私たちはこういう悲惨な時代を礎に、現在の生活ができているんです。
じっくり見て廻ると3時間は必要なくらいの大規模施設ですけど、
いわゆる軍事マニアって方ではなく、
戦艦や戦闘機に興味なんてまるでないって方に、見て欲しい施設。
戦争の悲惨さとともに、日本の技術力の進歩がよく分かります。

行ってよかった?
★★★★★★★★★★(10段階評価で星10つ)

私は2度目の来訪でしたが、やっぱりここは来てよかったです。
あ、併設されている、海上自衛隊の史料館にも行ってます。
よければ以下のリンク先、辿ってくださいませ。

実物の退役潜水艦に乗り込める!海上自衛隊呉史料館[てつのくじら館](広島呉)
今回の旅で、呉に寄ろうと決めたのは、 こちらの史料館にはまだ行ったことなかったから。 「大和ミュージアム」は以前の旅で、訪問済やったんで...

住所:広島県呉市宝町5-20
電話:0823-25-3017
営業時間:9:00~18:00
休館日:火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日休館)但し年末年始、GW、夏休みは無休
入館料:一般500円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。