ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

現存城をめぐる旅も今回で最終回となります。
以前の旅で記事にしてる、「松本城」、「丸亀城」、「松山城」に加えて、
今回の旅で9つの城が加わりました。
その最後の記事です、「宇和島城」にやって来ました。

ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

四国って、現存城がその面積の割に多いんですよね。
(対して、九州は1つも存在しません、熊本城が西南戦争で燃えなかったら・・・)
松山城、高知城、丸亀城、そして今回記事にする宇和島城の4城あります。

スポンサードリンク

まず、こちらのお城、平山城になっております。
ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

小高い山のてっぺんに建っているんですよ。
なので、山の麓のコインパーキング(1時間100円)に車を停めて、
そっからは徒歩となります。

ご覧のような山道。
ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

天守閣までは、約15分の道のりとなります。

見えてきました。
ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

さほど大きくはありませんね、3重3階の天守閣です。

入城料は大人200円です。
ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

最後の城ですし、中へ入りましょう。

もっと古めかしいかと思ったんやけど・・・
ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

さほどではありません。

しかし、天井の梁は年季入っているよね。
ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

説明書き。
ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

まずここに城を建てたのは、関ヶ原の合戦でも有名な「藤堂高虎」です。
1601年に築城されました。
後に高虎は関ヶ原の合戦の殊勲で、今治に転封となります。

現在建っているのは、建て替えられたもの。
ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

伊達政宗の長子秀宗が、ここ宇和郡10万石を賜って入城。
2代目宗利の時に、城郭の大修理を行い、1671年に完成したものです。

天守閣からの眺め。
ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

宇和島港が綺麗に見えますね。

改めて、天守閣の裏側に回ってみます。
ようやく現存12城めぐりも最後の天守閣です「宇和島城」(愛媛宇和島)

天守閣自体は、さほど魅力を感じない城ではあるかな~(すいません)

城の中へ入らずとも、城の周りからは撮影できたので、
特に入場料は必要なかったかな(^^;)
とりあえずこれで、12城めぐりはコンプリートです。

またいずれ、12天守、行って良かったランキングにしてみますね。

住所:愛媛県宇和島市丸之内1
電話:0895-22-2832
営業時間:[開門]10月~3月 6時~17時 4月~9月 6時~18時30分
定休日:天守閣は無休
入場料:天守)大人200円/小・中学生100円
駐車場:有料(1時間100円)

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)
スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。