トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

私は小さい頃から乗り物大好きに育ってきたので、
今回の日本一周でも、できるだけ、
いろんな乗り物の博物館に行こうと思ってました。
そして、愛知県はトヨタ自動車の本拠地。
トヨタの車にも乗ってたことのある私ですから、ここは外せなかった。
「トヨタ博物館」にやって来ました。

トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

入口横にはボンネットバス。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

何年前なんでしょうね~私の生まれる前やと思いますが。

スポンサードリンク

入場料は1000円。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

ちょっと高いかもですが、興味ある人間には安いくらい。
これでいっぱい昔懐かしの車が見れるんですもん。

こちらが、トヨタ初の乗用車(この展示はレプリカ)です。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

トヨダAA型(1936年)。
戦前ですね、当時のアメリカ車をもとに開発された車です。

さらにこっちは、もっと古いですね。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン。
1886年に開発された、ガソリン車の第1号です。
時速は15㎞しか、この当時はでんかったみたい。

とまあ、トヨタ車だけでなく、世界各国のクラシックカーが展示されています。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

もう1枚。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

上から見た図。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

ただ、私はここまで古い車にはあんま興味ないから、
どれがどれってさっぱり分かりませぬ・・・

しかし、外国の車でも、この時代はよく分かる(^^)
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

スーパーカーブームの時は、小学生でしたからね。
こいつはフェラーリ512BB(1979年)。
ランボルギーニカウンタックと共に、スーパーカーの両巨頭でした。

そして、この時代の日本のスーパーカーがこれでした。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

トヨタ2000GT。
今見ても、この流線型のフォルムは、かっこええと思う。
小学生ん時、この車に大人になったら乗る!って思ってましたもん。

こちらは、トヨタクラウンの初代車。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

私は時代が違うのでよく分かりません。

クラウンで分かるのは、この時代くらいからですね。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

ちょうど私は免許とった頃前後ですね。
バブル期やったから、こういうハイソカーにも憧れたな。

面白い車(^^)
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

フジキャビン5A型(1955年)。
今はなき富士自動車の車です、3輪キャビンのスクーター。
オートバイがベースになっています。

トヨタセリカのハッチバック車。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

1973年製ですね、この辺りも、私にはよくわからない時代。

古いボンネット型の消防車。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

そして、往年の家電まで展示されています。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

では、私がよく分かる時代へ行きましょう。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

初代のZですね。
この型に乗ってる方が知り合いにいて、よく環状走ってました。
(私は免許とる前)
フェアレディZは、この初代が一番好き。
っていうか、後継車はどれも興味なかったな。

86のレビン。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

この時代も私が免許をとる前ですね、私が免許とったときには、
既に92のレビン、トレノでしたもん。
この当時、ハチロクは、周りでもそんな人気なかったです。
まあ、あのマンガ、頭文字Dで、後の世で、注目を集めた車でした。

このMR2も注目を集めたよな。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

2人乗りのミッドシップカーでしたんで、
自身で欲しいとは思わなったですけど・・・

そして、こちら!
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

Z10ソアラですね。
実を言いますと、私が初めて手に入れた車が、この後継車です。

「Z20ソアラ」。
トヨタ車だけでなく、世界各国往年の名車が勢ぞろい!「トヨタ博物館」(愛知長久手)

(ここの博物館には展示なかったのでイメージ写真を拝借)
大学生んときに必死に1,2回生ん時にバイトして、3回生で買った中古車。
女の子にモテようと白のソアラに憧れて、勉強そっちのけで頑張ってた(^^;)

車がステータスやった時代でしたね。
今の若い子が、こういう車に興味ないってよく聞くけど、なんででしょうね?
それだけ魅力のある車がないんかな~
私は、この博物館で見た車のある時代に生きてきて、
そして再びこうしてまた巡り合えたことに、
今回、幸せを感じさせていただきました(^^)

行ってよかった?
★★★★★★★★★☆(10段階評価で星9つ)

住所:愛知県長久手市横道41-100
電話:0561-63-5151
営業時間:9:30~17:00(受付は16:30まで)
定休日:月曜
入場料:大人1000円
駐車場:無料

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。