10万石級の大名の城の敷地としては非常に大規模「富山市郷土博物館[富山城]」(富山)模擬城

富山県を車で色々と散策中です。
この市街地部で、1つ見ておきたかったのは、「富山城」
天守閣のある城めぐりですから、ここの行程を通るルートにしました。

10万石級の大名の城の敷地としては非常に大規模「富山市郷土博物館[富山城]」(富山)模擬城

上の写真は真正面より。
ありがたかったのは、こうして車窓越しでも撮影ができたこと。
市街地のど真ん中にありますから、駐車場入れるにもお金かかるんよね。
なのでぐるりと廻って、車からは降りずに撮影です。

スポンサードリンク

結構、城の周りは大きな公園になっています。
10万石級の大名の城の敷地としては非常に大規模「富山市郷土博物館[富山城]」(富山)模擬城

この地は、佐々成政が戦国時代に収めていた地やったんですけど、
豊臣秀吉の10万の大軍に城を囲まれ、そして降伏します。
そして破却されるんですよ。
その後、天守閣のない城やったんですけど、さらに明治の廃条令により、
建築物は解体されたり、お堀も埋められたりしました。

現在建っているのは、1954年(昭和29年)に出来た鉄筋コンクリート造。
10万石級の大名の城の敷地としては非常に大規模「富山市郷土博物館[富山城]」(富山)模擬城

天守閣に関する史料もありませんから、模擬城になっております。
中は郷土博物館として運営されておりますね。

しかし、規模は小さいながらも綺麗なお城です。
10万石級の大名の城の敷地としては非常に大規模「富山市郷土博物館[富山城]」(富山)模擬城

交通量の多い道路沿いですから、車から撮影も結構難しかったんですけど、
3周くらい公園の周りを回って、信号待ちの機会を狙って撮影しました。

北陸側って、こういう天守閣のある城が少ないから、なかなか貴重です。
金沢城も天守閣ない城なんで、私は興味なくって行ってませんしね。
ですので、北陸天守閣めぐりに是非とも加えたい城です。

住所:富山県富山市本丸1-62(富山城址公園内)
電話:076-432-7911
営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日:年末年始(12/28~1/4)、展示替えなどの臨時休館日
入場料:一般210円、小中学生100円 ※特別展会期中は料金が異なります。

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。