虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

スルッとKANSAI 3dayでの日帰り旅。
今回は奈良方面に向かいます。
「珍?名?果たしてどっち?奈良までテクテク寺社巡り」前編記事はこちら!
珍寺めぐりが最近マイブームのわたくしめ(^^)
今回はこちらのお寺にやって来ました、「朝護孫子寺」です。

虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

信貴山に位置しているんですけど、車でないとちょい厳しいかな。
ケーブルとバスを乗り継いで、なんとか今回はやって来ました。

スポンサードリンク

晩秋の季節やったんで、境内もええ感じで色づいております。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

敷地は、めちゃめちゃ広いです。
すべてをじっくり見て回ろうと思うと、
半日くらい時間かかるんじゃないかって思うくらい。

この寺が何で有名かはこれなんですね。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

はい、虎の像が境内あちこちに存在しているんですよ。
由来は、こちらの御本尊が毘沙門天様なので、
お供に連れていた虎を、配置しているみたいですね。

この虎が一番でかかった。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

こちらは、そのお子さんかな?
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

ちと、お腹すかせて、口をあんぐりさせているイメージですが(^^)
おかあさーん、ちゃんと食べさせてあげろよ~
ただ、想像してたよりは、
境内に虎さんあまりいなかったと思います。

さらにテクテクと、山合いの境内を登ります。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

こういうお寺めぐりは、秋が一番ええですよね。

そんで、境内でも一番高い位置にやって来ました。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット
なにやら、大きな方がおられますね。

説明書き。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット
「日本一大地蔵尊」ってお地蔵様なんだそうです。

大きさは全長14.54mですから、結構大きい。

下から見上げます。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

お顔が、知り合いに似ておられる方がいてるな~(^^)
ってか、周りにこういう顔の方って一人はいませんか?

こっから見下ろすと、この境内の広さも分かります。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

そんじゃ下って、別の場所に行きましょう。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

「三寅の胎内くぐり」?ちとこりゃ面白そうなもん見つけましたぞ。

その前に、銭亀様にもお参りしましょう。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

金は天下の回りものですが、私の場所で留まっていて欲しいな。
一億円札がお札ってのも、ユニークさがあっていい。

この石に腰掛けると・・・
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

下の世話にならないとの言い伝えがあるみたいですね。
私は絶対、そうはなりたくない、ぽっくり早く死にたいと思っているので、
腰掛けさせていただきました。

あ、そんで胎内くぐりですね。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

はい、寅さんが口をあんぐり開けて、待ち構えております。
そんじゃ、食われにまいりますかい。

中は真っ暗で10mくらいか・・・
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

もっとなんか仕掛けがあるんかな?と思ったのであるが、なーんもない。
単に暗いトンネルをくぐり抜けただけです。
うーん、拍子抜け・・・

出口も虎の口になっております。
虎の像だらけの寺 朝護孫子寺(奈良生駒信貴山)B級珍スポット

ガォ~って最後に吠えてほしかったな。

もっとトラトラトラ(真珠湾攻撃ではありませぬ、MAXの歌でもありませぬ)
してると思いましたが、結構まともなお寺でした。
なので、私のようなB級珍スポットめぐりマニアには物足りないかな~
ケーブルにバス(まあ乗り放題チケット適用やったんでよかった)
使ったわりには、あまり収穫はなかったかと思います。

行ってよかった?
★★★★☆☆☆☆☆☆(10段階評価で星4つ)

住所:奈良県生駒郡平群町信貴山2280-1
電話:0745-72-2277
時間:9:00~16:30
定休日:無休
拝観料:無料(霊宝館拝観は300円、特別展開催時は400円、戒壇巡り100円)
駐車場:無料

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。