三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

日本で起こった悲惨な熊の食害事件、三毛別羆[ヒグマ]事件跡地に行って来ました。

日本最悪の7名が死亡したヒグマ食害事件の現場に行ってきた「三毛別羆[ヒグマ]事件跡地」(北海道苫前町)
「三毛別羆事件」という事件を皆さんはご存じでしょうか? 1915年(大正4年)に発生した、開拓民7名が死亡、3名が重傷を負った、 日本で...

そして、その事件の資料館があるってことで、
苫前町の市街地に下って、やって来たのがここ、「苫前町郷土資料館」です。

三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

雨が結構激しく降ってきたので、こうして室内で観光できるのはありがたい。

スポンサードリンク

入館料。
三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

町外の大人ですと、300円です。

入っていきなり、熊!!
三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

幻の巨熊、「北海太郎」。
三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

体重500kgの大きさで、昭和55年に射止められました。
やっぱ、ここ苫前町の山ん中には、こんなのがいっぱいおるんかな?
さっき、事件跡地であまりウロウロせんでよかった。
こんなのに襲われたら、ひとたまりもないわ。

三毛別羆[ヒグマ]事件の再現シーン。
三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

ただ、想像してたほどは、三毛別羆事件の展示はなかったです。
あとは、視聴覚室みたいなとこで、その再現ドラマやってたけど、
それ見て、山の奥深い野湯巡りは絶対せんとこって思いました(^^;)
熊に喰われて死ぬんは本望ではない。

その名の通り、ここ苫前で昔から使われた器具の展示が多いです。
三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

このあたりは海の漁で使われる道具ですね。
三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

そして寒い地域やから、暖房器具。
三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

ストーブでも、こんないろんな形があるんやね。

遙か昔、これは弥生時代?
三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

縄文時代から、この地では人類が暮らしていた痕跡はあるそうです。

こんな狩りも行われてたと予想されてます。
三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

本州では平安時代やった時は、こんな人種がこの地にいたんですね。
三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

モヨロ人と呼ばれており、アイヌ人や和人とは違う人種らしい。
ロシアのサハリンなどに住む、少数民族だということです。

最後に、守り神様。
三毛別羆[ヒグマ]事件の詳細を知ることができる!「苫前町郷土資料館」(北海道苫前)

この造りを見ると、アイヌ民族文化なのかなって思いますけどね。

三毛別羆事件では7名の命が失われましたが、
ヒグマの怖さは、自身にしっかりと伝わってきました。
興味本位で自然の恐ろしさに遭遇しないよう慎重に行動。
なので、今回の旅では知床の奥の方も行かずじまいになりました。

住所:北海道苫前郡苫前町字苫前393番地の1421
電話:0164-64-2954
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌日を休館)、夏休み期間中は無休
入場料:【町外個人】高校生・一般:300円、小・中学生:100円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。