東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

千葉県の最南端、「白浜」付近で宿泊いたしました。
この日はロングラン、3日後には関西に戻らなければいけませんので、
太平洋沿いを東から西へ横断いたします。
それには陸上を走るとなると、どうしても東京の交通量多い中を通らねばなりません。
けど、東京湾上をショートカットする方法があるんですよ。
まあ、有名なのは、「東京湾アクアライン」でしょうか。
千葉の木更津、神奈川の川崎を結ぶ有料道路ですね。

しかしそのさらに南側、千葉の金谷、三浦半島の久里浜を結ぶ、
フェリーの航路があるんです。
静岡方面に抜けるならば、絶対にこっちがお得。
「東京湾フェリー」を利用いたします。

東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

さほど大きな船ではありませんけど、カーフェリーになっております。

スポンサードリンク

運賃表はご覧のとおり。
東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

私の車は5m未満にあたるので、3990円。
ネットの割引券を見せることで、10%割引の3590円になりました。

約35分間の船旅です。
東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

船の旅って大好きな私なので、この短い航路でもワクワクしてきます(^^)

先に目的地はもう見えてますね。
東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

三浦半島は目の前。

さあ!この乗船口から乗り込みます。
東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

今回の日本一周旅でも、これまで太平洋フェリーを2度利用しましたけど、
この乗り込む瞬間って、結構好きなんですよね。

特に席は決まっておりません。
東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

グリーン室という特等貸し切り室もあるみたいやけど、
貧乏一人旅の私には関係ない。

船内、売店、自販機など。
東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

ビールバーがあるのには、驚いた。
徒歩の酒飲み客なら、ここを利用するのも面白いだろな。

デッキにあがります。
東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

小さな船ですけど、こうして船内散策するんは楽しいね。

出港!
東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

窓側の座席に座ります。

さすがに東京湾。
東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

航行している船の数、めちゃめちゃ多いね。
よく、フェリーで明石海峡付近を過去通ることも多かったけど、
それ以上に、船の数、あると思います。

反対から、同型の姉妹艦が航行してきました。
東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

明石と淡路を結ぶ「たこフェリー」なんてなくなってしまったけど、
ここの航路は需要がずっとあるでしょうね。
ここより沖合に橋やトンネルができることは、あと100年経ってもないでしょ。

三浦半島の久美浜に到着しました。
東京湾フェリー(千葉県最南端から神奈川横須賀方面へ35分所要時間のショートカット航路)

13時15分に出発して、13時50分に到着。

東京湾沿いに走るガソリン代や、かかる走行時間を考えると、
圧倒的にこの船を使うほうがお得です。
こういうショートカットコースは、あと、
愛知県の渥美半島と、三重県の鳥羽を結ぶ航路がありますよね。
今回の旅では名古屋は寄ることが多かったので利用しませんでしたが、
いずれ、またその航路を利用した船旅をやってみたいです。

おすすめリンク
フェリーボートで行(い)こう!
フェリーボートで行(い)こう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。