北海道太平洋岸にいくつも残るアメリカ軍に備えたトーチカ跡(北海道大樹町)戦時遺産

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

太平洋戦時遺産を巡る旅。
北海道を巡ってる中で、このテーマの記事を書くのも久々となりました。
北海道広尾郡大樹町に旭浜という場所があり、
なんでもアメリカ軍の上陸に備えたトーチカが今でも現存しているんだとか。
というわけで、道の駅出発後、その方面へ車を走らせました。

北海道太平洋岸にいくつも残るアメリカ軍に備えたトーチカ跡(北海道大樹町)戦時遺産

しかしめちゃめちゃ場所わかりにくかった・・・
ちゃんとした住所がないんですよ。
旭浜ってとこに行けば分かるかと思ったけど、港しか見えない。
襟裳岬をそのまま釧路方面に約50kmくらい北上したとこなんですけどね。
舗装されてない道路を突き進み、ようやく見つけました。
上の写真のような、コンクリートの塊です。

スポンサードリンク

トーチカの説明書き。
北海道太平洋岸にいくつも残るアメリカ軍に備えたトーチカ跡(北海道大樹町)戦時遺産

トーチカとはロシア語で「点・地点」という意味。
小型の防衛用陣地のことです。
この周辺、約15基のトーチカが残されています。

私が発見したのは内陸部にあるトーチカ。
北海道太平洋岸にいくつも残るアメリカ軍に備えたトーチカ跡(北海道大樹町)戦時遺産

波打ち際のものより、まだ朽ち果てることなく原型を留めてます。

後ろから進入する入口は閉鎖されてました。
北海道太平洋岸にいくつも残るアメリカ軍に備えたトーチカ跡(北海道大樹町)戦時遺産

ぶ厚いコンクリートの壁で塗り固められており、
アメリカ軍が北海道に上陸した際はここに潜んで、
銃撃戦を行う予定でした。
(結局アメリカ軍は北海道に上陸することはありませんでしたが)

ここが銃口になっています。
北海道太平洋岸にいくつも残るアメリカ軍に備えたトーチカ跡(北海道大樹町)戦時遺産

日本に古くからある城の鉄砲狭間と同じく、奥にいくほど狭くなってます。

全く崩れていません。
北海道太平洋岸にいくつも残るアメリカ軍に備えたトーチカ跡(北海道大樹町)戦時遺産

既に75年もの月日が流れているのに、
崩れることなくこうして原型を留めているのも不思議。

けど、こんなとこに入っていても、大軍で押し寄せて来られたり、
弾切れになったりすると、一貫の終わり・・・
私は沖縄でもこういうトーチカを見ましたけど、
そういう運命で亡くなっていった方がいると思うと胸が痛くなりましたね。

北海道では廃墟が数多く残ったまんまになってますけど、
ここは見ておくべきです。
まだあの戦争が終わってから100年も経っていないんですからね。
昔、日本が誤った方向を目指したことを、再び繰り返さない教訓に・・・

住所:北海道広尾郡大樹町旭浜

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。