この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦後編

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

さいたま市大宮にあります、JR東日本の「鉄道博物館」にやって来ております。
まずは前編として、戦前の列車たちを以下でご紹介しました。
JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編はこちら!

では、また出来るだけ時系列になるように、ご紹介していきたいと思います。

クハ181形式。
この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編

製造年は1960年(昭和40年)の特急列車に使われた車体ですね。

スポンサードリンク

こんな風に、駅のホームまで再現しているスペースもあります。
この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編

この一番前のネームプレートってなんて言うんだっけ?
この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編

鉄道オタクではないんで、よく分かりません。

こちらは皇族の方が移動されるときに使用する車両やったかな。
この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編

寝台列車は子供の頃、憧れでした。
この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編

こんなので、日本中を旅したいなって思ってましたね。
結局、その手段は、車中心で実現するわけですが。

ブルートレインと呼ばれていた時代・・・
この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編

トワイライトエキスプレスにもいつかは乗りたいってのは、
大人になってからも夢でしたが、結局叶わずになくなっちゃいましたね。
今までに夜行列車に乗ったことは、サンライズ出雲ののびのびシートで、
神戸から東京に行っただけ。
青春18きっぷを使った、夜行列車の旅もいずれ挑戦してみたいなと思ってるけど、
死ぬまでに実現するんかいな・・・

誰でもお馴染みの列車です(^^)
この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編

0系新幹線。

客車。
この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編

車内。
この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編

そして、新幹線をもう1つ。
この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編

200系の新幹線。

貨物列車。
この車両展示の豊富さは全国の電車博物館系でもナンバー1?JR東日本「鉄道博物館」(埼玉大宮)戦前編

とまあ、今回こうして写真を撮ったのは、10分の1くらいの車両やと思います。

鉄道が好きな方なら一日中おっても、飽きはしないでしょうね。
私も1000円分は楽しめたかなと思います。
ただ、2度目もっかい来ようとは、思わなかったんで、
そこまで自身が鉄道好きではないことも判明しました(^^;)

住所:埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
電話:048-651-0088
営業時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
定休日:毎週火曜および年末年始
入場料:大人1000円 小中高生500円 幼児(3歳以上未就学児)200円
駐車場:1回500円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。