廃墟となった中華風テーマパーク「天華園」(北海道登別)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

北海道にやって来てから思うのは、
バブル期以前の廃墟が以前として残ったままになっていること。
広大な地であるので、取り壊すとなるとお金もかかりますから、
ほったらかしになってる施設も結構ありますね。
今回、ご紹介するのも、そんな施設「天華園」です。

廃墟となった中華テーマパーク「天華園」(北海道登別)

場所は登別温泉から、さほど離れてない所にあります。
周りは完全に山と渓谷に囲まれた場所なんで、
先述したとおり、特に急いで取り壊すこともなく、今まで放置されたんでしょう。

スポンサードリンク

こんな建物。
廃墟となった中華テーマパーク「天華園」(北海道登別)

見ての通り、中国文化をメインテーマにした、テーマパークでした。
バブル期らしく、その入場料はなんと1800円やったそうです。
しかし経営は思わしくなく、わずか7年で閉園を迎えました。

朽ち果てていく、建築物。
廃墟となった中華テーマパーク「天華園」(北海道登別)

しかし、なんでこの場所に、こんなテーマで作ったんやろ?
そのコンセプトが全く理解できません。
登別温泉の観光客に寄ってもらうのが客層のターゲットやったとすれば、
こんな中国文化テーマパークに1800円も払って、立ち寄ろうって思います?
この入場料ならば、北海道らしいクマ牧場に皆さん行くでしょ?

ただ、案外しっかりした姿で残ってるんですよね。
廃墟となった中華テーマパーク「天華園」(北海道登別)

ただ、私はこういうとこ中まで入りませんので、ご了承を。
外側からの撮影のみ。

この塔がメインやったんでしょう。
廃墟となった中華テーマパーク「天華園」(北海道登別)

中国風の五重の塔です。

バルブ期には、様々なリゾート、アミューズメント施設が生み出されました。
そしてそのほとんどが潰れていった。
時代の流れに乗せる経営がいかに難しいかを痛感いたします。
愚かなコンセプトの上に、栄枯盛衰を感じさせる、廃墟でした。

※廃墟なので、住所の記載は控えさせていただきます。

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。