墨俣一夜城(墨俣歴史資料館)木下藤吉郎が一夜にして築いた城が今も存在する?模擬城

天守閣のある城めぐり・・・
滋賀県、岐阜県、愛知県、静岡県って、戦国時代の争いが多かっただけあって、
城めぐりがホント、忙しい・・・(^^)
そして織田信長、豊臣秀吉好きなら、誰もが知ってるエピソードがあるかと。
信長の美濃侵攻の際に、拠点となるべき場所に砦を造ろうとしました。
しかし、斎藤側の激しい攻勢に、ことごとく失敗します。
そこで抜擢されたのが木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)。
一夜のうちに、プレハブ方式で建てられたと言い伝えられていますね。

墨俣一夜城(墨俣歴史資料館)木下藤吉郎が一夜にして築いた城が今も存在する?模擬城

・・・・・って砦やないやんって思われるでしょう。
もちろん、その場所に今、こうして建ってるのは、模擬城です。
3重4階の鉄筋コンクリート製で、平成3年4月に開館しました。

スポンサードリンク

この建物は歴史資料館になっています。
墨俣一夜城(墨俣歴史資料館)木下藤吉郎が一夜にして築いた城が今も存在する?模擬城

入場料は200円。
模擬城に特に興味ないので、入場はしておりません。

平成生まれの城ですから、非常に綺麗。
墨俣一夜城(墨俣歴史資料館)木下藤吉郎が一夜にして築いた城が今も存在する?模擬城

複合式層塔型になっています。

では、再度、「秀吉の一夜城」の話に戻します。
墨俣一夜城(墨俣歴史資料館)木下藤吉郎が一夜にして築いた城が今も存在する?模擬城

実際には、一夜で完成させたってことはないみたいです。
敵の兵と交戦しながら、昼夜を問わず突貫工事でおおまかに組み立て、
そして、じっくりと改修を重ねたらしい。

しかし、ここの場所が、秀吉出世のきっかけとなったことは確かです。
墨俣一夜城(墨俣歴史資料館)木下藤吉郎が一夜にして築いた城が今も存在する?模擬城

私は、信長、秀吉、家康の中で、一番秀吉が好きなので、
模擬城といえど、この地は訪問したかった。

では、この城は何をイメージに建てられたんでしょうか?
墨俣一夜城(墨俣歴史資料館)木下藤吉郎が一夜にして築いた城が今も存在する?模擬城

大垣城の天守を模して、建てられております。
大垣城も復興天守が建てられていますけど、この旅では訪問できなかったな。
実際、大垣城と、この墨俣城はそっくりです。

近くには長良川も流れており、この地の利で、よく戦いつつ、砦を建てたよな。
墨俣一夜城(墨俣歴史資料館)木下藤吉郎が一夜にして築いた城が今も存在する?模擬城

秀吉の頭の良さと野望を、私に少しでも分けて欲しい。

模擬城なんで、「秀吉の一夜城」にそんな興味がなければ、
天守閣巡りでは、ここの城はスルーして構わないでしょう。
で、近くの大垣城は戦災で焼失する前は国宝やったんですよね。
相当立派であったらしいから、そちらへ訪問したほうがええかな。
また私も、いつか近い将来、大垣城へ行ってみるつもりです。

住所:岐阜県大垣市墨俣町墨俣1742-1
電話:0584-62-3322
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜(祝日にあたるときはその翌日)年末年始(12月29日から1月3日)
入館料:一般200円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。