南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

南紀白浜は、大阪から1泊2日旅行で行くには、
非常にお手軽な行楽地だと思います。
夏は海水浴、そして春秋は温泉に、冬はクエ食いに♪
また1年通して、その海の景色も素晴らしいもんです。
まず、この白い砂ですね。

南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

白浜の名前どおり、この真っ白な風景が特徴です。

温泉の成分がこういう白色にしてたんです。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

って過去形にしているのは、今はもう、海水浴場での整備などで、
海流が完全に変わってしまい、ここまで白い色にならず、
オーストラリアの西海岸から輸入した砂なんですけどね。

スポンサードリンク

そして、白浜は変化のある岸壁の風景が特徴。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

こちらは「円月島」ですね。
真ん中にぽっかりあいた穴が特徴。
季節のあるタイミングによっては、
この穴に太陽が沈む風景が拝めることありますね。

こっちは千畳敷。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

結構先っちょまで歩いていけるのでブラブラと。

あまり海も荒れていない晴天の日でよかった。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

そして、三段壁。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

この切り立った崖が特徴ですね。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

そして、これから南紀白浜に行く方に注意点。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

ここ三段壁に一番近い駐車場がここのお土産売り場なんですけど、
1000円分お土産買わないといけないんですよ。
一回わからず、ここに停めて、1000円分買ったことあったんですけど、
ここの少し南に、ちゃんと無料の駐車場が整備されています。
今回は、そっちの駐車場をもちろん利用しました。

ここ三段壁は、利用時間が決まっております。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

日のある時間ですね。
そして下の言葉「こころといのちを大切に」の言葉でお分かりかと思います。

ちょっと向う側に足を踏み出すと、確実に死が訪れます。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

そう、ここは昔から、飛び降り自殺の名所なんですね。

供養塔もあるくらいですから、相当な数の方がここへ飛び込んだのでしょう。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

これなんて見ると、背筋がゾクっとしましたよ。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

こう刻まれているんです。
南紀白浜には自殺の名所が・・・奇岩地帯の宝庫!(和歌山)

1950年に2人で心中された方が口紅で岩に書いた文字、後日彫刻家が刻んで残ってるんです。
どういう経緯で2人で飛び降り自殺しようと決めたのか分かりませんが、
荒れている海に飛び込んだ気持ち・・・やるせないですよね。

とまあ、南紀白浜、ぶらっと海岸線観光。
見どころが結構ありますから、一度晴れている時にいかがでしょうか。

行ってよかった?
★★★★★★☆☆☆☆(10段階評価で星6つ)

白浜観光協会
住所:和歌山県西牟婁郡白浜町1600
電話:0739-43-5511

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。