四万川のほとりにある高級ホテルの日帰り入浴「四万温泉 四万やまぐち館」(群馬吾妻郡)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

本日は車中泊ではなく、宿を予約しておりました。
その温泉地は四万温泉。

四万温泉 積善館本館(群馬吾妻郡)千と千尋のモデルになったといわれる宿

温泉密集地帯である、群馬県の吾妻郡に位置しております。
そして、この四万温泉で温泉博士が使えるホテルが1軒存在してた。
宿のチェックイン前に、そちらを利用させていただきましょう。
四万温泉「四万やまぐち館」です。

四万川のほとりにある高級ホテルの日帰り入浴「四万温泉 四万やまぐち館」(群馬吾妻郡)

なかなかでかいホテルです。
その歴史も古く江戸時代から約300年続いているんだそうな。

スポンサードリンク

フロントで温泉博士にハンコを押してもらい、廊下を進みます。
四万川のほとりにある高級ホテルの日帰り入浴「四万温泉 四万やまぐち館」(群馬吾妻郡)

ちなみに通常の日帰り入浴料は1000円です。

こちらが内湯。
四万川のほとりにある高級ホテルの日帰り入浴「四万温泉 四万やまぐち館」(群馬吾妻郡)

さすが高級旅館だけあって、非常に綺麗で風情がありますね。
外は川の流れを見ることもできて、なかなかええ造り。
お湯は無色透明で、浴感はあまり感じないタイプ。
さっぱりとしております。

では、いつものように泉質表で分析しますね。
四万川のほとりにある高級ホテルの日帰り入浴「四万温泉 四万やまぐち館」(群馬吾妻郡)

源泉温度53.1度、PH値7.3のナトリウム‐カルシウム-塩化物・硫酸塩温泉。
成分総計は1490mg/kgとの表示、成分は色々と含まれてはいるけど、
それが浴感に伝わってくるところまでの濃さはないですね。
加水は源泉の温度が高い場合のみ加水、
あとは加温、循環ろ過、塩素消毒なく、源泉かけ流しで利用されております。

こちらが露天風呂。
四万川のほとりにある高級ホテルの日帰り入浴「四万温泉 四万やまぐち館」(群馬吾妻郡)

もう1枚。
四万川のほとりにある高級ホテルの日帰り入浴「四万温泉 四万やまぐち館」(群馬吾妻郡)

半露天になっており、2種類あります。

四万川のダイナミックな流れとその音が直に、露天は伝わって来ます。
四万川のほとりにある高級ホテルの日帰り入浴「四万温泉 四万やまぐち館」(群馬吾妻郡)

宿泊するホテルのチェックイン時間まで、
ゆっくり滞在させていただける、心地よさがありますね。

また館内、こういうパワースポット巡りができるみたい。
四万川のほとりにある高級ホテルの日帰り入浴「四万温泉 四万やまぐち館」(群馬吾妻郡)

それだけ巨大なホテルで、おもてなし精神のある宿やとお分かりかと。

泉質自体、ここ四万温泉の源泉はあまり特徴がありません。
この後に、上記リンクした「積善館」という旅館が宿泊先やったんですけど、
泉質に感じたのは全く同印象でした。

しかし非常に高級感あふれる、ゆったりした造りなだけに、
ここのホテルは宿泊で利用してみたいって思わせてくれる宿でした。

各25点満点
かけ流し度 :17点
施設充実度 :23点
お値打ち度 :13点
風情・快適度:22点
総合評価  :75点 評価Bランク
(総合評価のみ100点満点)

「群馬県」私が行った温泉・私的評価ランキング

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万3876-1
電話:0279-64-2011
日帰り入浴営業時間:12:00~19:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人1000円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。