東北一の大都市!仙台での貧乏セミリタイア移住生活について考えてみる

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

国内での短期移住地を求めているこのシリーズ。

今回は、宮城県「仙台市」です。

東北一の大都市!仙台での貧乏セミリタイア移住生活について考えてみる

おそらく東北地区では、他の都市を移住先で考えることはないでしょう。
それは、東北どこの都市でも車がないと生活は支障があるってこと。
私自身、東北は車中泊旅で巡っていて、
こりゃ車ないと無理だなってとこばかりに思いました。
唯一、仙台の市街地ならば、可能だなって思った地なんですよね。

スポンサードリンク

そんな仙台は、東北唯一の人口100万都市です。
なので、市街地の商業地区でも豊富にいろんな店があるし、
大都会暮らしに慣れている私でも移住して不満はないと思うんですよね。

そして気になるのは気候です。
東北一の大都市!仙台での貧乏セミリタイア移住生活について考えてみる

太平洋ベルト地帯での気候に慣れている私にはどう感じるかですが、
8月の平均最高気温が27.9度ですから、
夏は若干涼しい程度で、そんな大きくは変わらないですね。
エアコンなければ過ごせないのは一緒でしょう。
ただ、冬の寒さは、太平洋岸と違って、結構な寒さです。
1月の平均最高気温でも5.3度ですもん、雪も結構ありますしね。
この1年間の気温差は、移住するにも躊躇してしまうんよな~

そんな仙台の賃貸物件事情。

SUUMOの検索結果)
東北一の大都市!仙台での貧乏セミリタイア移住生活について考えてみる

この検索結果にはびっくりしました。
家賃2万円までで住める物件がなかなか豊富です。
3万円まで出すと、トイレ・バス別の綺麗なワンルームがゴロゴロとあるんよね。
2年くらい住むには、節約生活ができそうです。

食べるものも東北の食材が色々と楽しめそうな街ですし、
外食でのチャリンコ放浪も充実しそう(^^)

東北一の大都市!仙台での貧乏セミリタイア移住生活について考えてみる

とまあ、移住先としての魅力はかなり高いと言えます。

ただ、似たような都市の規模で比較すると、「福岡市」。

セミリタイア後の短期移住生活について考えるシリーズの第4回目。 今回は九州、「福岡市」です。 私自身、旅で何度も行っているの...

家賃的にも似たような価格の物件が多いんですよね。
その福岡市と仙台市を比較して、これは・・・って思うのは、冬の気候なんですよ。
断然、福岡市の方が過ごしやすい。

全国あちこち移住候補地が名を連ねておりますが、
仙台は、まず福岡に住んで以降の候補地順位となるかな?(^^;)

しかし仙台はまだあまり市街地をぶらぶらしたことないので、
近い将来、旅行先として再び行ってみたいですね。

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。