道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

道東を南下しております。
道中、立ち寄りたい施設が1つありました。
標津町に水族館があるんですよね。
それも、鮭(サーモン)をメインにした水族館です。
「標津サーモン科学館」を訪問しました。

道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

想像してたよりも非常に立派な建物。
だって、あまり聞いたことない水族館やから、
もっと規模は小さいのかと思ってた。

スポンサードリンク

入場料。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

水族館としては大人610円と案外安めのこの値段ですからね。
では、中へ入りましょう。

こちらがメイン水槽です。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

建物の規模の割りには、大きくありません。

もちろん、鮭がメインで泳いでおります。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

シロザケ、カラフトマスなど、その種類も豊富。

こっちは小さい鮭やな。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

ベニサケ(ヒメマス)という名前。
海には行かずに、湖で一生過ごすのだそう。
支笏湖に多く生息してるみたいですね。

干物のような魚も泳いでる(^^)
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

こちらはコマイ。
干物によくされる魚ですけど、泳いでる姿もこんなんやったか。

鮭以外の魚、甲殻類もおりますよ。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

奥のはシマ海老かな~
北海道で生息している魚介類が多いですね。

こっちはチョウザメ。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

なんと!指パク体験ができるんですよ。
しかし小学生がやってもらってる中、
おっさん1人その輪には入ることができず・・・

北海道の魚と言えば、私はこの魚が印象深い。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

幻の魚と言われる、イトウです。
日本に生息する淡水魚では一番大きいと言われています。
昔、小学生の時に読んだ釣りキチ三平で、この魚を釣る話がありました。

その話の漫画が置いてた。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

えらい色あせておりますけど・・・(^^;)

この魚って、皆さんの周りに似た人いません?
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

フサギンポって名前の魚。
私の知人Tさんにそっくりだな~(^^)

こちらのヒトデなどは実際に触ることができます。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

ドクターフィッシュの体験コーナーもありました。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

身近に魚と触れ合える水族館ってのが売りみたいで、
こういうの子供が喜ぶでしょうね。

なんじゃ、これ?
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

ユムシって名前の、グロテスクな生き物ですけど、
お隣韓国では、普通に食用にしてるそうですよ。
ま、ナマコっぽいもんね。

日本で鮭を食うと言えば、この北海道ご当地鍋。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

石狩鍋に、三平汁です。
また今度、北海道行った時に食べてみたいな。

展望室もありますよ。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

この日は晴れてて、よく見えました。
知床連山方面ですね。

そして、こっちが国後島。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

北方領土もすぐ目の前です。

この水族館と併設してレストランもあります。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

一番上の鮭三昧の定食が美味しそうに見えました。

脇の池ではアヒルが佇んでます。
道東にある鮭[サケ]に特化した水族館「標津サーモン科学館」(北海道標津町)

想像してたよりも施設が充実しててびっくりしました。
これで610円の入場料でしたら安いと思います。
特にファミリーで訪問するのにええですね。
久々に入場料を払って入った博物館系でしたけど、楽しめました(^^)

住所:北海道標津郡標津町北1条西6丁目1番1-1
電話:0153-82-1141
営業時間:9:30~17:00(入館受付は16:30まで)
定休日:2、3、4、11月は水曜。但し水曜日が祝日の場合は翌日。12月~1月は閉館
入場料:大人610円、高校生400円、小中学生200円、幼児無料

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)
スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。