2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

日本一周旅、今度の行き先は東京。
車が廃車になっちゃったんで、交通手段はどうしようか考えてみました。
新幹線、飛行機、そして自転車(^^;)・・・
色々と思慮した結果、貧乏人なのでチョイスしたのは深夜高速バス。
その中でも一番安く東京まで行ける日程とバス会社とで選んだのがここ、
「さくら観光」って会社でした。

2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

日程は平日木曜発にしました。
これが金曜や土曜ですと、値段跳ね上がりますからね。
するとお値段は、2780円!!
めちゃめちゃ安いと思いませんか?

では、神戸三宮発20時45分のバスに乗るので、30分前に待合所へ。
2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

へ~こんなとこにあるんやって場所でしたね。
バスはJRの線路沿い南側に停まりますから、ちょっと歩きます。

スポンサードリンク

安さの訳の秘密はこれです。
2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

普通の観光バスタイプなんですよ。
1列4席で真ん中に通路があります。
3列の独立シートはこのお値段ではもちろんありません。
また、トイレがついてないのも、不便ですね。
なので私は、途中で大がしたくなったら困るよなと、
晩飯は抜いたくらいです(^^;)

ただありがたかったのは、すいてる日やったんで、
隣には誰も座りませんでした。
なので、2席独占できたから、窮屈なことはなかったです。

そして、これ。
2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

コンセントがついているんですよ。
パソコン、スマホの充電はこれで大丈夫。
たぶん車内で眠れないやろと思って、パソコンに動画たっぷり入れてきてました。
シーツを頭から被って、灯りが漏れないように見る準備は万端♪

最初の休憩地、滋賀の土山SA。
2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

ここまでに、大阪、あと京都で、乗客を乗せております。
ここの到着時刻が日付が変わる頃でしたね。
休憩のたんびに、小は出しておくことにします。
まだこの時間は普段でも起きているので、全然眠くない。

あ、そんで、外に出るときにこういうの渡されました。
2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

他にも夜行バスが、めちゃめちゃ停まってますもん。
自分のバスがどれか分からなくなる方も多々おられるんやと思います。

2回目の休憩は、静岡の遠州森町SA。
2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

時刻は、深夜2時半でした。
渋滞もなく、順調にバスは進んでいるようです。
そして、全く眠れないわたくしめ・・・
過去、数えるほどですけど、深夜バスを利用してみた結果、眠れないんです。
電車でも泥酔しないと、座りながら眠れない人間ですから、
こんなバスでも眠れるわけない。
「水曜どうでしょう」の名物企画にサイコロの旅がありますけど、
あれだけ深夜バスに乗り続けたら、死にますね。

3回目の休憩は、神奈川の海老名SA。
2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

到着は早朝の朝5時でした。
ここまで来ると、もう関東圏、あと少しです。
相変わらず、眠れていませんけど、
ただ、東京に到着すれば、借りたマンスリーマンションの鍵を受け取り、
その部屋に行くだけの予定にしてますんで、
別にこのバスの中で眠れなくても、なんてことはありません。

ここ海老名サービスエリアって、すっごい人気なんですよね。
2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

食うとこに興味があるわたくし。
できるだけ休憩時間中に、うろうろとしてました。
飲食関係も充実してるな~
しかし、この時間に開いてる店はほとんどないけど。

朝6時、横浜に到着です。
2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

海老名を出てから、30分くらいウトウトしたかな?
それにしても体が痛い・・・
もし隣に人がいたら、もっと苦しかったでしょう。

やって来ました、東京新宿。
2780円で関西から東京へ行ける深夜高速バス!「さくら観光」(神戸三宮→東京新宿)

朝7時過ぎに到着。
約10時間ちょっとのバス旅でした。

しんどかったけど、値段考えると、それは相殺できてるかなって思います。
あと、青春18きっぷでも何度も関西から東京へ行っている私ですが、
時間は同じくらいかかりますけど、私は青春18きっぷで向かう方が好き。
車窓を見ながらの旅は気が紛れます。
お値段もそっちの方が安いしね。
今回も青春18きっぷのシーズン中でしたら、その行程を選んだと思います。
深夜バスは今後もずっと慣れないままで死ぬことになるでしょうね。

↓お勧めリンク↓

呑めば、都 居酒屋の東京 (単行本・ムック) / マイク・モラスキー/著

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。