歴史発見館(東京池袋)廃墟・珍建築

今回の東京訪問でも1つのテーマを決めていました。
まあ、日本一の大都会ですから、いろんな建物が建っていますよね。
中でも一際、個性を放つ、そういうビルを巡ってみようかなと。
まずは池袋にやって来ました。
「歴史発見館」という建築物です。

歴史発見館(東京池袋)廃墟・珍建築

ちゃんとした住所が不明でしたので、辿り着けるか不安でしたが、
池袋駅を西側に出て、北にずっと歩いて行き、
高速の高架抜けたところに発見。

見ての通り、この都会のど真ん中で、廃墟となっているんです。
個人で運営されていた博物館やったんですよ。
中は、江戸時代前後を中心とした、骨董品の数々やったらしいですけど、
今となっては、それを確かめる術もございません。

スポンサードリンク

で、この建物の珍建築らしさ。
歴史発見館(東京池袋)廃墟・珍建築

川越街道沿い(高速高架下の道路)から見ると、普通の5(6?)階建て、
既に何年も使われていないビルだなってことだけなんですが、
横から見ると、三角形の形しており、すっごく狭いんです。
あの三角形の頂点なんて、中では利用しにくいだろうな。

ちょっと角度変えてみましょう。
歴史発見館(東京池袋)廃墟・珍建築

裏側に廻るとこんな感じです。

しかし、ここのビル、SECOMなんですよね。
歴史発見館(東京池袋)廃墟・珍建築

実際、今でも契約生きているんかいな?
防犯カメラも設置されているって書いてますね。
過去、その歴史的遺物を狙って、侵入しようとした輩が結構いたのか?
ってより、現在、その展示物はいったいどうなっているんやろ?

今となっては、この徳川家康らしき漫画ちっくな似顔絵が寂しげ。
歴史発見館(東京池袋)廃墟・珍建築

解体される予定はないのかな?
まあ、それまでは、これだけ都会のど真ん中に存在する廃墟は、
他の地域でもお目にかかれないので、貴重な存在です。

行ってよかった?
★★★★★★☆☆☆☆(10段階評価で星6つ)

住所:東京都豊島区池袋本町1丁目近辺
(川越街道沿いに位置しております)

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。