昭和30年代建築の団地が今もなお現役!小笹団地(福岡市中央区)レトロ建築

私の旅先での趣味は、普段とは一風変わった建築物を探すのが好きである。
それは斬新で個性的なデザインもそうだが、
現在では見かけなくなったレトロな佇まいを見せる風景もそう。
ここ福岡では、なんでも昭和30年代に建てられた団地が、
現在も建てられ替えられることなく、現役なのだ。
まあ、私の幼少の頃は、こういう団地は神戸でもちらほら見られたが、
10代にもなってくると、見かけなくなってきましたね。
その懐かしの風景を目に焼き付けるため、ここにやって来ました。
「小笹団地」です。

昭和30年代建築の団地が今もなお現役!小笹団地(福岡市中央区)レトロ建築

まず、ここに辿り着くまでは結構な道のりがありました。
地下鉄桜坂駅から歩いていったんですけど、結構な上り坂。
丘の中腹に建つ団地群なんですよね。
そして、冬の朝7時なんて時間やったのもあり、あたりまだ薄暗い。
ホント、人が住んでいるのか?って思うくらいに少し不気味感がありました。

スポンサードリンク

それにこれなんですよ・・・
昭和30年代建築の団地が今もなお現役!小笹団地(福岡市中央区)レトロ建築

電線に大量のカラスがとまってる。
さらに不気味感を相乗させてました。

車が通るとこんな感じで・・・
昭和30年代建築の団地が今もなお現役!小笹団地(福岡市中央区)レトロ建築

ヒッチコックの「鳥」って映画、思い出しました。

この建物のベランダ側に回ってみます。
昭和30年代建築の団地が今もなお現役!小笹団地(福岡市中央区)レトロ建築

人はほとんど住んでないのかな?って様子。

さらに少し下がって・・・
昭和30年代建築の団地が今もなお現役!小笹団地(福岡市中央区)レトロ建築

けど、まだ朝早く、誰も起きていないだけですね。

全景をおさめます。
昭和30年代建築の団地が今もなお現役!小笹団地(福岡市中央区)レトロ建築

まだこの建物は改築されたんでしょう。
さほどのレトロさは感じません。

こちらが、ここ「小笹団地」の配置図。
昭和30年代建築の団地が今もなお現役!小笹団地(福岡市中央区)レトロ建築

見ての通り、私が滞在しているのは、ごく一部です。
非常に広大な団地群。
もっと歩いて探索すれば、さらに古い建築物があったかもしれません。
ただ、徒歩30分弱くらい駅からアップダウンを歩いてきて、
相当疲れがあったんです。

そして、こういう古い団地にはこれも必ずありましたね。
昭和30年代建築の団地が今もなお現役!小笹団地(福岡市中央区)レトロ建築

給水塔です。

今となっては見られない風景になりました。
昭和30年代建築の団地が今もなお現役!小笹団地(福岡市中央区)レトロ建築

世の中にはこういう給水塔マニアって方もおられるみたいですね(^^)
「日本給水党」ってお集まりをネットで拝見。

想像してたよりは、古めかしさは感じませんでした。
それに、未だたくさんの方々が住んでおられるんですね。
相当の方々が出て行かれたのかなと思ってたんですけど、そうでもなかったです。
また私は、あちこち地方を散策しますが、さらに古い団地がどこかに存在してるはず。
今後もこういう建築物を、近い将来なくなってしまわないうちに、
写真に収めておこうと思います。

行ってよかった?
★★★☆☆☆☆☆☆☆(10段階評価で星3つ)

住所:福岡市中央区小笹4-5-1

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。