旅立つ前に現在の私の心境を綴った歌「坂の下に見えたあの街に」by 尾崎豊

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

2015年、日本一周行脚へ旅立つ前に1つの歌を取り上げました。

現在の私の心境を綴った歌「坂の下に見えたあの街に」by 尾崎豊

「シェリー」尾崎豊

この時の自身の心境を一番よく表現していた歌やと思います。

http://nihontabi123.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

スポンサードリンク

そして、今、再び旅立つことを決意した私の心境はまた、
同じ尾崎豊の歌なんですよね。

「坂の下に見えたあの街に」

現在、私は関西のある地方都市で働いております。
地元の神戸、そして大阪からは遠く離れておりますね。
私が今まで暮らしてきた中で、今後一番住みたくないと思った場所でした。
(早くおさらばしたいってことで、この歌の心境とは少し違うんですけど^^;)

3月末で退職したあとすぐに、賃貸マンションの退去準備にかかり、
この街を去ります。

ただ、この歌のように、私はもう家庭をもつような年ではなくなりました。

「人間50年 下天の内をくらぶれば 夢幻の如くなり」

織田信長が大好きだった舞「敦盛」の一節ですね。
この50歳という年齢が間もなくやってきます。
私はこの年で死んだ気持ちで、人生を再び走っていくつもり。

そう、サラリーマンには決して戻らないです。
(そのための準備期間に入ります)

といって、すぐ死ぬかもしれんけどね(^^;)

尾崎豊「Bow!」

この曲もまた、同じ「回帰線」ってアルバムの中の歌なんですけど、
好きな曲やな~(^^)

「朝夕のラッシュアワー 酒びたりの中年たち」

大学卒業後は、まさにこの言葉通りの生き方でした。

「鉄を喰え 飢えた狼よ 死んでもブタには 喰いつくな!」

10代後半の頃のハングリー精神を再び取り戻し、
この社会に刃向かって、喰いついて生きていきます。

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。