オッパイハウス(大阪枚方香里園)珍設計住宅

京都へ向かう日帰り旅。
「顔か?オッパイか?イベント前の京都散策」前編記事はこちら!

京阪電車で移動して向かうんですけど、
途中、香里園にて途中下車。
B級珍スポット好きな私としては、一度は見てみたかった。
同行者には、「おっぱい見に行くぜ!」とだけ言って向かう。
「何?何?エッチなん?」と興味深げ(^^)

香里園の駅からは結構歩きましたね、15分くらいかな。
この近辺って、起伏が激しい・・・
坂を上って、下ってが多かった。
見えて来ました(^^)

オッパイハウス(大阪枚方香里園)珍設計住宅

実は、ちょっと変わった建築物なんです。
その名も「オッパイハウス」。
建築家自身がこう名付けたそう。

スポンサードリンク

うん、玄関の両側におっぱいのような出っ張りが。
オッパイハウス(大阪枚方香里園)珍設計住宅

なんでも1984年に作ったそうですから、かなり前。
オッパイハウス(大阪枚方香里園)珍設計住宅

しかし、よくもまあこんなデザインを考えついたもんだ。

一番正面から見た図。
オッパイハウス(大阪枚方香里園)珍設計住宅

ホントは真っ正面からも撮ってみたかったんですが、
正面の家の敷地に入らないと全体を収められませんでした。

しかし、こうやって見ると、おっぱいではなく目玉にも見えます。
オッパイハウス(大阪枚方香里園)珍設計住宅

夜になって、窓に明かりが点るとまた面白いだろうな(^^)

全国あちこち、こういう珍建築物めぐりも興味深い分野ですね。
また色々と調べてみよっと。

もう1軒、京都にこんなタイプの建築物があります、向かいましょう。

顔の家(京都中京区)珍設計住宅
京都への日帰り旅の道中・・・ 枚方香里園で、ちょっと面白い建築物を拝見しました。 そして、京都でも、同じタイプの家を検索で発...

行ってよかった?
★★★★★☆☆☆☆☆(10段階評価で星5つ)

住所:大阪府枚方市香里園東之町(個人宅なので詳しくは記載しません)
設計:渡辺豊和/渡辺豊和建築工房
竣工:1984年

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。