世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

静岡沼津に立ち寄ったのは、ここに行きたかったからと言っても過言ではない。
伊豆半島の近くには日本海溝が存在し、様々な深海魚が泳いでおります。
その深海魚にターゲットを絞って作られた水族館がここ、
「沼津港深海水族館」に立ち寄りました。

世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

入場料は大人1600円と結構高いです・・・
ただ、もう来ることはないやろしと、貧乏旅にしては奮発しました。

スポンサードリンク

旨そうな海老や(^^)
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

アカザエビって名前で、深海の泥に穴を掘って暮らしています。
別名、テナガエビと言えば、誰でも知っていますよね。
フレンチの海老料理の食材にも使われるから、そら旨そうなわけだ。

この魚はなんだ?
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

鯵をぎゅっと縮めた丸い魚ですね。
ハシキンメって名前だそう。
そう言えば、伊豆の回転寿司屋でもそんな名前の魚いてました。
高級魚やから、私はいただけなかったですけどね。

こっちはザリガニか?
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

ショウグンエビって名前で、ザリガニの親玉みたい。
大きいのですと、全長2mにもなるらしい。

こちらも食材でよく見かけますね。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

セミホウボウ。

ちっちゃいかわいいイカ。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

ヒメコウイカ、大きくなっても全長7cmにしかなりません。

また、こっちもかわいい魚やな(^^)
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

ボウズカジカ、体全体がゼリー状で覆われているそうです。

そして、この伊豆の深海ではよく話題になりますよね。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

タカアシガニ、あまりにもでかくて、
水槽の反射でうまく撮れませんでした。
他にもいろんな水槽ありますけど、全部撮ってるときりがないので、
このくらいにしときました。

そして、深海で発光する魚の水槽。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

真っ暗な部屋の中で、こういう情景も神秘的だな。

さらに深海へ行きましょう。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

すごいのっぺりした魚が泳いでた。

これもなんじゃ?って思いましたよ。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

ヒメデンナマコって名前のなまこ。
私はナマコって冬によく食べる珍味ですけど、これも食えるんやろか?

そして、私が苦手としているタイプ。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

ダイオウグソクムシ、深海のダンゴムシですね。
こいつがでかい・・・
私、ゴキブリが大嫌い、そして海岸ではフナムシも大嫌い。
こういう系統は見るのも嫌なんです、この写真もできたら撮りたくなかったくらい。

引き続き、2階にあがります。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

シーラカンスミュージアムになっており、生きたシーラカンスはおりませんが、
氷漬けに標本にされた実物のシーラカンスが展示されています。

もう1枚。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

しかしこの魚が現代でも生きていて、世界のどこかで泳いでいると思うと、
ホント生物の進化って様々なんやなって思います。

古代の深海を再現した様子です。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

まさにシーラカンスって、この時代から進化してない姿やもんな。

こんな珍しい魚の標本もありました。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

ミツクリエナガチョウチンアンコウ(長い名前や・・・)。
大きなメスに小さなオスが寄生して、体の一部になって繁殖するという、
「真性寄生型」という珍しい魚。
メスに寄生できなかったオスは死んでしまうという、魚界のヒモみたいなやつです。

こちらも標本ですが、体が透き通っています。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

しかし、元々透き通った魚ではありません。
透明骨格標本といって、薬品を使って、肉の部分を透明化するんだそうな。
この技術、人間でも使えるんやろか?
怖い物見たさで、一度見てみたい。

深海生物に触れるコーナーもここにありました。
世界的にも珍しい・・・深海魚に特化した水族館「沼津港深海水族館」(静岡沼津)

皮はまるでサンドペーパーのような指触りでしたね。

とまあ、普通の水族館で拝見できない深海の生物が色々と見学できます。
ひととおり見た感想ですけど、半額くらいの入場料なら、
見応えありました!1回は訪れて見てみるべきって総評にします。
しかし1600円ですからね・・・その価値はなかったかな。
せめて他の水族館にあるような、なにかしらのショーとかあれば・・・
期待していただけに、少し残念な結果でした。

住所:静岡県沼津市千本港町83番地
電話:055-954-0606
営業時間:10:00~18:00(7月14日~8月31日は19:00まで)
定休日:無休
入場料:大人1600円、小・中学生600円、幼児(4才以上)200円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。