世界遺産にも選ばれた日本で唯一現存する実用反射炉「韮山反射炉」(静岡伊豆の国)

「反射炉」ってご存じでしょうか?
幕末期から明治初期にかけて、金属を溶かし大砲を鋳造するために作られた炉に、
このような名前がつけられております。
実際に稼働した反射炉で、日本で唯一現存する炉にやって来ました。
「韮山反射炉」です。

世界遺産にも選ばれた日本で唯一現存する実用反射炉「韮山反射炉」(静岡伊豆の国)

静岡の伊豆の国市にあり、メジャーな観光スポットなのか、
平日の昼間でも、かなりの観光客がおられました。
なかなか、ユニークな形をしておりますね。

スポンサードリンク

入場券を購入し、中へ。
世界遺産にも選ばれた日本で唯一現存する実用反射炉「韮山反射炉」(静岡伊豆の国)

大人200円となっております。

改めて、その全景を写真に納めます。
世界遺産にも選ばれた日本で唯一現存する実用反射炉「韮山反射炉」(静岡伊豆の国)

鋼鉄を溶かすには、千数百度の高温が必要になりますけど、
この反射炉のてっぺんがドーム状になっており、
そこに炎、熱を反射させ一点に集中させることで、その温度が実現できました。

私には到底、思いつかない芸当やわ。
世界遺産にも選ばれた日本で唯一現存する実用反射炉「韮山反射炉」(静岡伊豆の国)

この反射炉を前にしても、どんな仕組みになっているのかさっぱり分からない。
物理や化学はなんとか中学時代まではついていけれたけど、
以降は理解できんようになった、悪い頭です。

そして、なぜこの人気やったんかは、後で知りました。
世界遺産にも選ばれた日本で唯一現存する実用反射炉「韮山反射炉」(静岡伊豆の国)

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鋼鉄、造船、石炭産業」として、
最初は長崎の軍艦島を中心とした、九州、山口の炭鉱跡が、
世界文化遺産で登録されようとしてたんですけど、
この「韮山反射炉」も加わったんですよ。
ですので2015年7月に、世界遺産になったんです。
私が訪問したのは2015年の5月29日・・・
ほぼ世界遺産登録が決定されてたからなんですね。

こんな大砲が作られてたんやな~
世界遺産にも選ばれた日本で唯一現存する実用反射炉「韮山反射炉」(静岡伊豆の国)

鉄製や銅製の大砲が100門以上、ここで作成されました。

改めて、全体をぐるぐる回りながら、その仕組みを理解しようとする。
世界遺産にも選ばれた日本で唯一現存する実用反射炉「韮山反射炉」(静岡伊豆の国)

なんでこんな背の高い建物が必要なんでしょうね?
そしてその溶かした鉄をどうやって処理して、
上の写真のような大砲を作ることができるのか?わからん。
私は絶対、発明家にはなれんかったな。

あと、この史跡近辺の説明書きです。
世界遺産にも選ばれた日本で唯一現存する実用反射炉「韮山反射炉」(静岡伊豆の国)

あの山の中腹には、静岡らしく茶畑がありますね。
世界遺産にも選ばれた日本で唯一現存する実用反射炉「韮山反射炉」(静岡伊豆の国)

新茶を売店の中では振る舞っておられました。
世界遺産にも選ばれた日本で唯一現存する実用反射炉「韮山反射炉」(静岡伊豆の国)

1杯いただきます、ふぅ~熱いお茶は久しぶりに飲んだけど、
気分が落ち着くね~(^^)

珍建築と言えば、珍建築です。
わずかな期間だけで稼働したこの珍しい建築物。
ここ伊豆でしか見ることの出来ない風景ですので、
伊豆旅行の際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

住所:静岡県伊豆の国市中字鳴滝入268
電話:055-949-3450
営業時間:9:00~16:30
定休日:年末年始(12月31日~1月1日まで)
入場料:大人300円、小・中学生50円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。