無料見学できます!おかめ納豆で有名なタカノフーズ「納豆博物館」(茨城小美玉市)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

私は関西で生まれ育ったので、納豆という食い物は大人になってから食べました。
昭和の時代、関西のスーパーにはほぼ納豆なんて並んでませんでしたよ。
最初食べた時の感想?
多分17、8歳の頃でしたけど、はっきり言って、こんなもん美味しいか?って思いましたね。
しかし、なぜかまた無性に食べたくなる味。
今でも、毎日食べたいとは思わないけど、たまにいただきたくなります。
特に夜遅い時間、ちょっと飲みたくなって、あまりカロリー取りたくない時は、
納豆アテに、焼酎のウーロン割飲んでます(^^)

閑話休題。

そんな納豆食品メーカーの中でも、一番最大手なのが、「タカノフーズ」。
おかめ納豆で有名ですよね。
そちらの会社が博物館を所有しているってことでやって来ました。
「納豆博物館」です。

無料見学できます!おかめ納豆で有名なタカノフーズ「納豆博物館」(茨城小美玉市)

無料で見学できますよ、そんじゃ、中へ。

スポンサードリンク

その見学エリアは狭いです。
無料見学できます!おかめ納豆で有名なタカノフーズ「納豆博物館」(茨城小美玉市)

あと、工場見学も朝と昼に1回ずつ開催されておりますが、
そちらはあらかじめ予約が必要です。
私は今回タイミング合わず、博物館のみの見学。

しかし、こんな食い物よく考えついたと思いませんか?
無料見学できます!おかめ納豆で有名なタカノフーズ「納豆博物館」(茨城小美玉市)

納豆が初めて作られたのは、奈良時代なんだそう。
その当時、食品はなんでも藁に包んで運んでいて、
大豆を藁に入れて運んでいたところ、偶然、藁に納豆菌が生息していて、
納豆が生まれたんだそうな。
そう、偶然の産物で出来た食品なんですよね。
考えて作ったもんやないんです。

これって、いつの時代の料理やと思います?
無料見学できます!おかめ納豆で有名なタカノフーズ「納豆博物館」(茨城小美玉市)

弥生時代のものなんですよ。
無料見学できます!おかめ納豆で有名なタカノフーズ「納豆博物館」(茨城小美玉市)

この当時はまだ納豆は生まれてませんでしたから、大豆は煮られたものでした。
そして、肉や魚は焼き物にされることが多かったみたい。
写真には、イノシシや鰯を焼いた物が再現されております。

納豆を作るのに使われる大豆。
無料見学できます!おかめ納豆で有名なタカノフーズ「納豆博物館」(茨城小美玉市)

私は特に、大粒、小粒、ひきわり、こだわりなく食べるな。
買おうと思った時に、安売りしてるもんでええ(貧乏人)。

納豆を使った加工品も色々と売られてました。
無料見学できます!おかめ納豆で有名なタカノフーズ「納豆博物館」(茨城小美玉市)

この納豆スナックは食べてみようかなと、非常に迷ったんですけどね。

そして、納豆のゆるキャラと言えば、こいつだな。
無料見学できます!おかめ納豆で有名なタカノフーズ「納豆博物館」(茨城小美玉市)

「ねばーる君」。
特に興味はないし、ここにはいませんでした。

はっきり言って、あまり見所のある博物館ではありません。
納豆の歴史や、納豆を自分で作る方法がわかるくらいなもん。
ただ、無料の施設ですし、工場見学も無料ですから、
前もって予約して、工場見学含めて、やって来るべきですね。

あ、話は違いますけど、この旅で、人生で一番美味しい納豆を食べました。
以下の記事をどうぞ。
「一藁1200円の吟醸納豆」の記事はこちら!

住所:茨城県小美玉市野田1542
電話:0120-58-7010 ※予約受付は9:00~16:00までです
営業時間:9:00~16:00【見学開始時間】午前の部10:00/午後の部13:30
定休日:年末年始
入場料:無料

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。