夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

富士山の麓には、たくさんの洞窟があります。
富士山は火山ですからね、たくさんの溶岩流が流れ出た結果、
複雑怪奇な地下の地形を生み出しております。
洞窟探検って大好きな私(^^)
そんな地下の神秘を見に、こちらにやって来ました。
青木ヶ原樹海近くにあります「鳴沢氷穴」です。

夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

富士五湖観光には大概加えられる、メジャー観光スポットですね。

スポンサードリンク

入場料。
夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

大人は290円。
案外、安いなって思いました。
ま、そんな広くはないんでしょうけど。

竪穴になっているみたいですね、では中へ入ります。
夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

この鳴沢氷穴が出来た説明書き。
夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

総全長153mと書かれてあります。
やはりそんな大きな洞窟ではありません。

入口にはこんな温度表示が。
夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

0度って・・・冷蔵庫よりも寒いやん。
この時は5月末、地上では25度近い温度です。
それが150m中へ入るだけで、こんなにも温度下がるんかいな?って思いましたよ。

まだこちらは入口付近。
夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

外の光もどんどん差し込んできています。

下へ下る階段。
夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

ここで急激に温度が下がりました。
この日ロングTシャツ一枚で過ごしており、そのままの格好で中へ入ったんですが、
ちょっと後悔しましたよ。

外からの光もわずかながらになった場所へ。
夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

だいぶ寒いです、冬の外気温と一緒。

こんな説明書きがありました。
夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

いったいどこまで続いているか確認されていない地獄穴。
夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

竪穴になっており、確実に落ちたら死ぬな。

そして一番、最下層に。
夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

たくさんの氷柱がありますね。
洞窟内温度0度はまさにホントです。
なんでも、ここの氷を江戸時代には夏、江戸に献上してたとも言われております。

上を見上げると、氷のつららがたくさん。
夏でも氷柱が溶けることはない地下の神秘!青木ヶ原樹海近く「鳴沢氷穴」(山梨鳴沢村)

もうすぐ夏がやって来る季節やとは思えん。

観光客用にしっかりと整備された洞窟なんで、探検気分は味わえません。
しかしここは夏に来てみたいですよね。
気温30度の中で、クールダウンに一度潜ってみたいものです(^^)

住所:山梨県南都留郡鳴沢村8533
電話:0555-85-2301
営業時間:4月~10月中旬は8:30~17:30(季節により変動あり※他期間は要問合せ)
定休日:無休(1月中旬頃に臨時休あり)
入場料:大人290円、小学生140円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする