恐竜がいる!道の駅にある無料の博物館「なるさわ富士山博物館 鉱石ミュージアム」(山梨鳴沢村)

この日の後半は富士山の北側をぶらぶらとしております。
青木ヶ原の樹海の怖さも少し体験し、向かったのは道の駅「なるさわ」。
ここで小休止を挟みました。

青木ヶ原樹海にて自殺死体発見?!山梨県警登場の記事はこちら!
で、ここの道の駅になぜ立ち寄ったかと言えば、こちら!

恐竜がいる!道の駅にある無料の博物館「なるさわ富士山博物館 鉱石ミュージアム」(山梨鳴沢村)

「なるさわ富士山博物館」という施設があるんですよ。
そして、貧乏旅にはありがたいことに、入館料は無料!
早速、利用させていただきましょう。

スポンサードリンク

入るとまず、富士山の生い立ちの初めの頃かな?
恐竜がいる!道の駅にある無料の博物館「なるさわ富士山博物館 鉱石ミュージアム」(山梨鳴沢村)

マグマが活発に動いており、そういう雰囲気がありますね。

そして、でっかい実物大T-REX模型の頭部が動いている。
恐竜がいる!道の駅にある無料の博物館「なるさわ富士山博物館 鉱石ミュージアム」(山梨鳴沢村)

これは富士山には関係はないはずですけどね(^^;)
日本にT-REXはいなかった。
ま、あくまで演出ってことで。

富士山の半透明模型も展示されています。
恐竜がいる!道の駅にある無料の博物館「なるさわ富士山博物館 鉱石ミュージアム」(山梨鳴沢村)

近くでは3面マルチスクリーンで上映される富士山の歴史も上映されていますし、
日本一の山、「富士山」を深く知るには興味深い展示が並びます。

溶岩洞穴の実物。
恐竜がいる!道の駅にある無料の博物館「なるさわ富士山博物館 鉱石ミュージアム」(山梨鳴沢村)

富士山には、こういう穴の開いた岩がゴロゴロしてますし、
洞窟も数多く存在します。
そのうちいくつかは巡っておりますけど、それはまた別の記事で・・・

そして、この施設のもう1つの目玉。
恐竜がいる!道の駅にある無料の博物館「なるさわ富士山博物館 鉱石ミュージアム」(山梨鳴沢村)

鉱石ミュージアムになっており、いろんな鉱石が展示されているんですね。
そして、なぜ、この施設が無料なのかは、最後に分かりました(^^)
この博物館は地下にあるんですけど、出て1階は鉱石の売店になっているんですね。
最後はしっかりと商売されております(^^)

うん、無料の施設としては、なかなか見応えがありました(有料やと・・・だが)。
理科でも地学が好きやったって方には楽しめる内容やと思いますし、
この富士山北部の休憩地として、この道の駅に寄って行く価値はあると思いますよ。

住所:山梨県南都留郡鳴沢村鳴沢8532-63
電話:0555-20-5600
営業時間:9:00~18:00(冬季12月21日~3月20日9:00~17:00)
定休日:年中無休
入場料:無料

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする