キッチン南海 神保町店(東京)歴史ある洋食店のカレーはその味の奥深さもさすがであった

この日のママチャリ放浪ランチめぐりは、神保町にやって来ました。
ここの町は、非常に歴史のある飲食店が数多くあり、
そしてB級の安くて美味しい店が揃ってるんですよね。
中でも、神保町のカレー専門店の多さは有名です。
そんなレベル高いカレーのお店がひしめき合う中、行列を作るお店があるんですよ。
「キッチン南海」神保町店にやって来ました。

キッチン南海 神保町店(東京)歴史ある洋食店のカレーはその味の奥深さもさすがであった

東京にはあちこち、この「南海」の店名がつく洋食店がありますけど、
その系列関係はよく分かりません。
神戸でいうと、「赤ちゃん」のような関係でしょうか?

スポンサードリンク

店頭サンプル。
キッチン南海 神保町店(東京)歴史ある洋食店のカレーはその味の奥深さもさすがであった

見ての通り、昔ながらの大衆洋食店。
フライ系の定食でも、700、800円台の値段程度です。

また、そのフライ物は2つでセットになってる定食になっています。
キッチン南海 神保町店(東京)歴史ある洋食店のカレーはその味の奥深さもさすがであった

このひらめフライとしょうが焼きの800円定食に惹かれたんですけどね(^^)

まとまったメニュー。
キッチン南海 神保町店(東京)歴史ある洋食店のカレーはその味の奥深さもさすがであった

但し、この日の目的はカレーライス(550円)。
お客さんも大概が、カツカレー(750円)を注文されている方が多かった。
私はこの後、もう1軒ランチはしごするつもりですから、
カレーライスだけにしときます。

しかし、お昼13時前、店内めちゃめちゃ混んでおります。
キッチン南海 神保町店(東京)歴史ある洋食店のカレーはその味の奥深さもさすがであった

お店前にも10人ほど並んでいたんですけど、こういうお店やから回転は早かったです。
そして、店員さんも行列さばくのは手慣れたもので、
順次テンポ良く、中へお客を入れていっていました。

カウンター席に案内されました。
キッチン南海 神保町店(東京)歴史ある洋食店のカレーはその味の奥深さもさすがであった

福神漬けが大量に入ってますね。
らっきょう好きな私としては、これがらっきょうならポイント高くなるんですけど。

カレーライス(550円)、出来上がり!
キッチン南海 神保町店(東京)歴史ある洋食店のカレーはその味の奥深さもさすがであった

黒に近い、非常に濃い~色合いをしております。
いかにも、いろんな食材が溶け込んでいるんやなってのが分かりますね。
日本の昔ながらのカレーに、一工夫も二工夫も加えたって印象です。

では、いただいてみましょう。
キッチン南海 神保町店(東京)歴史ある洋食店のカレーはその味の奥深さもさすがであった

何?これ!
めっちゃ、味が奥深い!!
こういう昔ながらの欧風カレーって、街中結構なお店が提供されてますけど、
おそらく今まで食べたこのタイプのカレーの中で、一番旨いって印象。
辛さはインドカレーのようなスパイシーさはないのでマイルドなんですけど、
一体何をどう調合したらこの旨みが出るのか、聞きたいくらいです。

さすが、カレー激戦区神保町で、行列を作る店だけあるわ。
ホント、この味はリピートしたくなる味です。
また今度、東京訪問する時があれば、カツカレー食ってみたいですね。

住所:東京都千代田区神田神保町1-5
電話:03-3292-0036
営業時間:11:15~16:00 17:00~20:00
定休日:日曜、祝日

↓お勧めリンク↓

絶品!大人のB級グルメ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。