新潟県の妙高山奥地にそびえ立つホテルの日帰り入浴「休暇村 妙高」(新潟妙高)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

この日は、新潟県燕温泉にある旅館で宿泊予約しておりました。
その道中、妙高山を通るんですけど、温泉博士の使えるホテルが1軒。
チェックインまで時間もありますし、寄って行きましょう。
「休暇村 妙高」です。

新潟の妙高山奥地にそびえ立つホテルの日帰り入浴「休暇村 妙高」(新潟妙高)

全国あちこちに休暇村と名の付く公共ホテルはありますけど、
どこも似たような雰囲気をしていますよね、ここもそう。

スポンサードリンク

ロビーの様子。
新潟の妙高山奥地にそびえ立つホテルの日帰り入浴「休暇村 妙高」(新潟妙高)

通常、日帰り入浴500円のところ、温泉博士を使って無料入浴です。

お風呂はご覧の内湯だけです。
新潟の妙高山奥地にそびえ立つホテルの日帰り入浴「休暇村 妙高」(新潟妙高)

この規模のホテルにしては、こじんまりしているかなって印象。
せっかく山ん中にある施設やねんから、
露天風呂を作ればええのにっておもってしまいます。

だって、窓の向こうの景色もご覧の通りですからね。
新潟の妙高山奥地にそびえ立つホテルの日帰り入浴「休暇村 妙高」(新潟妙高)

この開放感は窓越しではなくって、
体で体感したいって思うのは私だけでしょうか。

では、この内湯に浸かってみましょう。
新潟の妙高山奥地にそびえ立つホテルの日帰り入浴「休暇村 妙高」(新潟妙高)

2つあるうち、大きい浴槽はうっすら茶褐色をした透明湯。
赤い湯の花が舞っているのが特徴です。
そして小さい方が無色透明、白湯なのかどうか?温泉感はありません。

泉質表で分析してみます。
新潟の妙高山奥地にそびえ立つホテルの日帰り入浴「休暇村 妙高」(新潟妙高)

もう1枚。
新潟の妙高山奥地にそびえ立つホテルの日帰り入浴「休暇村 妙高」(新潟妙高)

源泉温度34.4度、PH値5.7のナトリウム・カルシウム-塩化物泉。
成分総計も1992.9mg/kgで、塩っ気が強そうな成分表示なんですけど、
そんな浴感が全くないのは、いろんな成分が少量ながらも混じっているせいか。
鉄と石膏系の匂いをよく感じます。
但し、加温、循環ろ過、塩素消毒されてますので、強烈な印象は残さないですね。

この新潟県妙高市の奥地まで来ると、泉質のええ場所が結構あります。
例を挙げると、今から向かう、燕温泉ですね。
なので、温泉好きがわざわざここまで来るならば、そっち方面に向かうでしょう。
私もでは、宿泊地である、燕温泉に向かいましょう。
次回の温泉記事で続けます。

各25点満点
かけ流し度 :16点
施設充実度 :16点
お値打ち度 :16点
風情・快適度:16点
総合評価  :64点 評価Cランク
(総合評価のみ100点満点)

「新潟県」私が行った温泉・私的評価ランキング

住所:新潟県妙高市関山 国立公園
電話:0255-82-3168
日帰り入浴営業時間:13:00~18:00
定休日:無休
日帰り入浴料:500円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。