別名きりん公園とも呼ばれております「三河島公園」(東京荒川)懐かしの公園遊具

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

今回の東京長期滞在は足立区でした。
家賃考えると、東京都心により近くで考えたら、こういう選択になりました。
そして、チャリンコ放浪道中でよく通ったのは荒川区でした。
この区も下町情緒が残っているところが多いですよね。
そして、公園も歴史ある公園がいっぱいあります。
今回、「三河島公園」に立ち寄りました。

別名きりん公園とも呼ばれております「三河島公園」(東京荒川)懐かしの公園遊具

この区域は、「荒川自然公園」と言われる、
東京都下水道局三河島水再生センターの上に、
人工地盤を造って設置された公園になっています。
その一番南端に位置しておりますね。

スポンサードリンク

この旧汚水処理施設は、無料で見学することも可能ですよ。
別名きりん公園とも呼ばれております「三河島公園」(東京荒川)懐かしの公園遊具

予約は必要ですけどね。

ここ、三河島水再生センターの説明書きです。
別名きりん公園とも呼ばれております「三河島公園」(東京荒川)懐かしの公園遊具

1982年には「新東京百景」に選定されているんですよ。

しかし、私が求めていたのは、懐かし公園遊具のある風景。
別名きりん公園とも呼ばれております「三河島公園」(東京荒川)懐かしの公園遊具

ここの公園はキリンさんです。

前から見た図。
別名きりん公園とも呼ばれております「三河島公園」(東京荒川)懐かしの公園遊具

キリンって、象と同じように滑り台にしやすい動物やと思います。
象は鼻ですし、キリンは首が長いですもんね。

後ろから見た図。
別名きりん公園とも呼ばれております「三河島公園」(東京荒川)懐かしの公園遊具

階段だけでなく、横にはしごもついてるんで、
ここにぶら下がっての遊びも工夫できそう。

私の子供の頃は、「高鬼ごっこ」(たかおに)っていう遊びがあって、
鬼になった子よりも高い位置にいる子にはタッチできないルールがありました。
(全国的に知られている遊びですよね?)
そういうのに、この滑り台は使ってたやろな。

今まで、何千、何万(いってるかな?)の子供たちが、
この滑り台を利用したんやろ?
東京にはまだまだこういう古い公園遊具が残っておりますので、
またおいおいご紹介します。

住所:東京都荒川区荒川8丁目25-2
電話:03-3802-3111

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。