公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

富山県立山連峰のふもとにやって来ました。
なかなかのどかな雰囲気で、天候にも恵まれた(^^)
こんな、この地域、古くから存在した民家のレプリカでしょうか?

公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

豪雪地帯なだけに、屋根がめっちゃ頑丈そうで、傾斜があります。

スポンサードリンク

この地域一帯に、立山博物館という公営の施設があります。
その中に、地獄巡りができる有料施設もあるらしい。
というわけで、その「まんだら遊苑」にやって来ました。

公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

公営地獄巡りテーマパークってことで、楽しみにしてましたよ。

ここまんだら遊苑だけですと、入場料は400円。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

さすが公営、500円を切っております。

こんな通路を辿って、中を進みます。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

ちゃっちい造りではなくって、現代アート風の雰囲気。
そして、サウンドも臨場感溢れるもので、この先を期待させるもんありますね。

こんなトンネルもくぐり抜け、どんな地獄が待ってるんでしょうか。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

うんうん、楽しみ♪

しかし、あっという間に外に出て来ました・・・
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

もうちょいなんか仕掛けがあるんかなと思ったですけどね。
こちらは血の池地獄ですな。

これは何地獄?
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

この井戸に向かって叫ぶと、己の罪が鬼の声となって返ってくるんだそうな。
確かに、低音のうなり声のような響きしてた。

針山地獄ですね。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

特に体験はできませぬ。
(できたら死ぬわ)

ここの蓋を開けて覗き込むと、地獄の音と匂いが体感できるらしい。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

しかし、地獄らしさを感じるどころか、なんもない。
ちょうど切らしていたんかな?

外での、一番の醍醐味はこれだな。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

見た目、普通の鉄橋のように見えますよね。

しかし、ずんずん進んでいくと行き止まりなんですよ。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

下を見ると、高所恐怖症の方には耐えられない光景。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

一番先には、どこも支えがないから、ちょい揺れています。
ホンマに強度大丈夫なんか?って思うスリル、どっか折れたら死ぬぞ・・・

ただ、一番先っちょに立つと眺めはええですよ。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

のどかな自然風景だ。

その後、地獄のあとは、天国巡りです。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

結構この間、距離があります。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

芝生も抜けていきます。
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

で、天国?
公営の地獄めぐりテーマパークがあるなんて・・・「まんだら遊苑」(富山立山)

へ?って思いましたけど、この地下に天界は存在するんです。
しかし、こちらの中は一切、写真撮影禁止。
現代アートで彩られた、癒やされる空間が待ってました。
瞑想部屋で、寝転がって瞑想できたりとなかなか面白い。
ガイドさんがお一人おられて、マンツーマンで説明受けつつ、観覧しました。

もうちょい地獄に、お化け屋敷的な演出があればって私は思いましたね。
これで入場料1000円でしたら、なんやねん!って思うとこですけど、
400円ですから、相応の入場料やと思います。
B級珍スポット好きなら、富山で必須の観光スポットでしょう。

住所:富山県中新川郡立山町芦峅寺93-1
電話:076-481-1335
営業時間:9:30~17:00
定休日:月曜(祝日を除く)、祝日の翌日
入場料:大人400円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。