土砂降り雨予報の中を一気に90㎞を6時間半!ママチャリで駆け抜ける悪夢のような日(日本一周351日目前編)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

2017年5月9日(火)日本一周351日目前編

宮崎県延岡市のホテルで1泊過ごしました。

2017年5月8日(月)日本一周350日目後編 大分県からひと山越えて、宮崎県へ突入。 さらにずずっと下って来て、延岡駅...

この日は、この旅で一番どうしようか悩んだ日でした。

当日朝の天気予報見てくださいよ。

土砂降りの雨予報の中を一気に90㎞を6時間半!ママチャリで駆け抜ける悪夢のような日(日本一周351日目前編)

誰が見ても、この日は停滞だな、ママチャリで走るのは無理やなでしょ?
確実に降るし、雨量がどう見ても多すぎる。

ただこの後の週間予報では、2日後、3日後にも雨予報。
ここで降られるのが、スケジュール上、一番嫌なんですよ、停滞したくない。
2日後にどう行動しようと考えてるか、記事になることで明らかにします。

そしてこの日の行程ですね。
延岡市を出発して南下するとなると、次の大都市って宮崎市なんです。
距離としては約90㎞もあるんがネック。
ただ、そんな厳しい峠もないから、この距離は走り抜けるスケジュールを組んでました。

スポンサードリンク

なので、雨天決行を決めました!!
土砂降りの雨予報の中を一気に90㎞を6時間半!ママチャリで駆け抜ける悪夢のような日(日本一周351日目前編)

雨合羽も準備して、前日の夜は眠りました。
そして雨雲レーダを見てると、強く降る雨は12時過ぎたあたりから来るんですよね。
午前中の雨雲は薄い。
ならば雨足の弱いうちに走り抜けてしまう策を設ける。
朝の起床は、6時に目覚ましをセットしました。

6時半にホテルをチェックアウト、出発します。
土砂降りの雨予報の中を一気に90㎞を6時間半!ママチャリで駆け抜ける悪夢のような日(日本一周351日目前編)

ポツポツと、雨はずっと夜中から降り続いています。
しかし、想像どおりそんなに強い雨ではない。
雨合羽着て、なんとか走行できそうです。

あ、この日は出発時から、カメラはリュックの中に入れてます。
せっかく新調したコンデジを雨でまたダメにしたくない。
なので、この日の行程途中の写真は一切ありません。

そして、私の強烈に強い天候運がここで味方します!!!!

雨はですね、7時半くらいには止みました。
雨予報を完全に遮ったんですよ。
そして次にポツポツ降り始めたのは、お昼12時半過ぎてからでした。
雨雲がやって来るのを、4時間くらい遅れさせました!!

その間に・・・
土砂降りの雨予報の中を一気に90㎞を6時間半!ママチャリで駆け抜ける悪夢のような日(日本一周351日目前編)

この日の走行距離は、90.48㎞。
延岡→宮崎間はこの距離あります。
その距離を一度も休憩することなく、走り抜けました。
体の疲れより、強い雨の中、走る方が嫌やもん。
朝6時半に出発して、目的地の南宮崎に辿り着いたのはお昼13時。
つまり6時間半でこの距離をママチャリで走ったんです。
しかし、想像以上にアップダウンがあった・・・
624mの高低差はかなり体力を奪いましたね。
3日目にも姫路→岡山で90㎞走りましたけど、あの時以上に疲弊してました。

なんか食おう、しかし疲れて、流動食みたいなのしか喉を通らない。
土砂降りの雨予報の中を一気に90㎞を6時間半!ママチャリで駆け抜ける悪夢のような日(日本一周351日目前編)

ちゅうわけで、カレーが食いたいなとこの店に決めました。
「味のガンジス」ってカレー専門店。
地元民に結構人気のソウルフードらしいですね。

ビーフカレー(650円)。
土砂降りの雨予報の中を一気に90㎞を6時間半!ママチャリで駆け抜ける悪夢のような日(日本一周351日目前編)

欧風のカレーやと、私は大概ビーフカレーにします。
味は。。。オーソドックスな昔ながらのカレー。
特徴は全くなくって飽きが来ない味のタイプですね。
こりゃご年配の方に愛されるやろな、客層はそうでした。

同じ商業ビルのイオンスーパーで買い物して、外へ出ると。。。
土砂降りの雨予報の中を一気に90㎞を6時間半!ママチャリで駆け抜ける悪夢のような日(日本一周351日目前編)

14時過ぎには、予報通りの土砂降りの雨!!
作戦は大成功でしたね(^^)

南宮崎駅近くで、この日は前日に宿を予約しておりました。
少し雨宿りしてからチェックインするとしましょう。

ってなところで、この日後編は明日また綴ります。

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。