この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポットと断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

そのカオスでアバンギャルドな異空間に圧倒されております・・・
伊豆半島にあります、「まぼろし博覧会」にやって来ておりますが、
中編では、「昭和の時代通り抜け」をまず、
以下の記事で、私が生まれる前の世代をご紹介しました。

この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポットと断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史前編
そのカオスでアバンギャルドな異空間に圧倒されております・・・ 伊豆半島にあります、「まぼろし博覧会」にやって来ておりますが、 まずはその...

今回は1970年代以降を中心に、ご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

あしたのジョーと丹下のおっさん。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

おっちゃん、ジョーとスパーリングやりすぎて、顔ボロボロやん・・・

南こうせつ「神田川」の世界。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

お一人さん、乳首透けてるで~

全共闘ですね。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

大学生が注目された時代でした、私は全く分からない世代ですけどね。
私の大学生時代は、平和でのほほんとしてたな。

パーラー。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

喫茶店とはまた違うのか?
こちらも私とは世代が違うのでよく分かりません。

昭和50年前後ですね。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

しかし、この当時流行った物をホントよく取り揃えておられます。

そして、ようやく物心がついてきました(^^)
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

マジンガーZにグレートマジンガーは、再放送をよく小学校低学年の頃に見てた気が。

様々なおもちゃが登場しましたね。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

遊んだ経験のあるもんがいくつかあります。

そしてインベーダーゲームが登場。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

100円で実際にプレイすることが可能、稼働している実機が置いてるのにびっくり。

山口百恵ちゃん全盛の時代。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

日活ロマンポルノが流行ったのも同じ時代なんか。
今じゃエロ動画は、なんぼでもネットで見ることが時代になったもんな。

暴走族仕様のバイクが展示してあった。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

横浜銀蠅はザ・ベストテンで見てた。

そして、オタクが登場。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

そういや、「宅八郎」って今は何やってんやろ?

アイドル全盛期は、やっぱ松田聖子と中森明菜よね。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

この時代に思春期を迎えたな(^^)

そして子供の遊ぶもんは、テレビゲーム機へ進化します。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

とまあ、こんな感じで、私のような40~50代のおっさんには、
なかなか堪らない展示が目白押しなんですよ。
なので、1200円の入場料は入場する前は高いなって思いましたけど、
これだけの展示はそうそう他ではお目にかかれないので、
価値はあったと思います。

そして、姉妹館も近くにあります。
この旅で巡った有料施設では一番のディープB級珍スポット断言できる!「まぼろし博覧会」(静岡伊東)昭和の歴史後編

「怪しい少年少女博物館」って名前。
ただ、世界観は同じような雰囲気みたいなので、
こちらの施設でもう満腹状態でしたから、別の機会にいたしましょう。
また今度、伊豆旅行にやって来たら、こっちの姉妹館に必ず行きたいと思います。
いや~よかった!

住所:静岡県伊東市富戸梅木平1310-1
電話:0557-51-1127
営業時間:9:15~17:00(8月のみ9:00~17:30)入館は30分前まで
定休日:年中無休
入場料:大人1200円、小中学生600円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。