実物戦艦大和の大きさが分かるぞ!呉港散策(広島呉)

全国、行ってみたい土地ってのは、
私としては、まず何が基準になるかと言えば食い物(^^;)
食わずにはおれらないデブですからね。

しかし、その街の雰囲気ってのも、ある程度、加味されます。
私は神戸で生まれ育ったせいか、港の雰囲気が好き。
それも地元神戸にはない雰囲気です。
神戸港は商業港なんで、軍港って興味があるんですよね。
例えば、佐世保や横須賀なんてそうでしょうか。
そして、ここもそうですね、広島呉港にやって来ました。

実物戦艦大和の大きさが分かるぞ!呉港散策(広島呉)

実物戦艦大和の大きさが分かるぞ!呉港散策(広島呉)

いくつもの軍艦が建造されてきた港です。
代表的なのは、戦艦大和。
今でも、何隻もの大型商業船が建造されてます。

スポンサードリンク

この天気の良さは港に似合う(^^)
実物戦艦大和の大きさが分かるぞ!呉港散策(広島呉)

そして、遙か向こうには、海上自衛隊の基地もあります。
実物戦艦大和の大きさが分かるぞ!呉港散策(広島呉)

今回、電車+徒歩旅なんで、写真の近くまで行けないんですけど、
次回、日本一周旅では立ち寄ろうと決めています。
「アレイからすこじま」って場所からは、全国で唯一、
潜水艦を間近に見ることができるので有名なんだとか。

ぶらっと港の公園を散策。
実物戦艦大和の大きさが分かるぞ!呉港散策(広島呉)

「しんかい」が展示されてました。
日本初の本格的な有人深海調査艇です。
最高深度は600m。
私はこの潜水艇はあまり知らないんですけど、この後継機、
「しんかい2000」は子供の頃、科学系の読み物で興味持って読んでました。

こちらは、大和波止場と呼ばれる場所。
実物戦艦大和の大きさが分かるぞ!呉港散策(広島呉)

ちょうどこの写真を撮って立ってる位置が、戦艦大和の艦橋にあたる位置。
そして、この波止場の一番向こうが、大和の穂先になるように、
実際の戦艦大和の大きさが分かるよう、作られているんです。
なので、この先には、主砲があった場所なども、
地面に実物大で絵が描かれております。
これで艦橋から先の甲板だけのイメージですが、
いかに大和が大きかったのか分かりますね。

この砲身はなんの戦艦でしょうか?
実物戦艦大和の大きさが分かるぞ!呉港散策(広島呉)

大和ミュージアムの近くにあるんで、大和46センチ砲の実物大模型?
って思われるかもしれませんね。

実は、戦艦陸奥の41センチ砲なんです。
実物戦艦大和の大きさが分かるぞ!呉港散策(広島呉)

実物なんですよ。
第2次世界大戦時の日本海軍の軍記物は、子供の頃、好きでしたね。
この戦艦陸奥、ナゾの爆沈にまつわる話も興味あって読んでました。

すぐ近くには、大和ミュージアム、そして海上自衛隊の史料館もありますし、
そことセットで、色々散策できます。
私と同じように、第二次大戦時の軍艦や飛行機に興味があり、
乗り物好きな方には、呉って街は非常に楽しめると思いますね。
上記の史料館についても、詳しく記事にしていますので、
よければ以下のリンク先、旅のあらすじからリンク辿ってくださいませ。
1日目後編記事は以下で。
http://bkyugourmet.moo.jp/tabi/2015kyusyu_2.html

行ってよかった?
★★★★☆☆☆☆☆☆(10段階評価で星4つ)

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。