京都の北部では珍しい完全源泉かけ流し100%!「久美浜温泉・湯元館」(京都京丹後)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

この日、温泉はしごの2軒目。
島根、鳥取、兵庫北部、京都北部はその海沿いに結構な数の温泉があります。
ですので、温泉博士、まっとうな温泉掲載の施設も結構多く、
この日の行程で3軒の温浴施設が掲載されていました。
というわけで2つめ、「久美浜温泉・湯元館」です。

京都の北部では珍しい完全源泉かけ流し100%!「久美浜温泉・湯元館」(京都京丹後)

見た目、旅館らしさはないんですけど、日帰り専用の施設ではないです。
ただ、日帰り専用の窓口もあって、積極的に受け入れておられますね。
今回、京都で唯一、以下のまっとうな温泉の手形が使える施設でした。

大人600円のところ、無料入浴させていただきます。

スポンサードリンク

こちらが内湯。
京都の北部では珍しい完全源泉かけ流し100%!「久美浜温泉・湯元館」(京都京丹後)

想像してたよりも特徴がないなって印象。
無色透明で浸かってみても、海が近いので塩っ気は感じるがそれだけ。
ただ塩素臭は一切ないです。

では、泉質表を見てみましょうか。
京都の北部では珍しい完全源泉かけ流し100%!「久美浜温泉・湯元館」(京都京丹後)

もう1枚。
京都の北部では珍しい完全源泉かけ流し100%!「久美浜温泉・湯元館」(京都京丹後)

さらに。
京都の北部では珍しい完全源泉かけ流し100%!「久美浜温泉・湯元館」(京都京丹後)

源泉温度32.0度、PH値7.98のナトリウム・カルシウム-塩化物泉。
成分総計は2080mg/kgですけど、そのほとんどは塩分と言ってええでしょう。
加水、加温、循環ろ過、塩素消毒なしの100%源泉かけ流しです!
しかし、この源泉温度でどうやって処理しているのかと思ったが、
もう1つ泉源があって、そっちは源泉56度あるとのこと。
なるほど、この2つをミックスして、温度調節してるわけなんだ。

こちらが、露天の大浴場。
京都の北部では珍しい完全源泉かけ流し100%!「久美浜温泉・湯元館」(京都京丹後)

こんなとこに、銅像立ってるのも珍しいですね(^^)
ここの温泉を掘削された方で、「山田六郎」氏。
大阪「くいだおれ」の初代社長でもあった方です。

露天の景観。
京都の北部では珍しい完全源泉かけ流し100%!「久美浜温泉・湯元館」(京都京丹後)

滝のように湯が流れ落ちるよう設計もされております。
海が眺められるとかはないんですけど、開放感はありますね。

あと、露天にはぬるめの浴槽がありました。
京都の北部では珍しい完全源泉かけ流し100%!「久美浜温泉・湯元館」(京都京丹後)

薬草風呂になってましたし、ぬるめ好きの私はもっぱらここで。
特に内湯は43度以上に感じられて、ほとんど浸かることはできず・・・

浴場前の売店。
京都の北部では珍しい完全源泉かけ流し100%!「久美浜温泉・湯元館」(京都京丹後)

しかし、土曜のお昼でも客は少なかったですね。

休憩処。
京都の北部では珍しい完全源泉かけ流し100%!「久美浜温泉・湯元館」(京都京丹後)

午後4時までの利用と書かれておりましたけど、誰もいない・・・
普通、こういうとこって、皆さん、湯上がりにゆっくりしていきません?

とまあ、源泉かけ流し100%を結構期待して行った施設なんですけど、
その泉質には特に特徴なく、建物設備も結構くたびれてきている印象。
土曜日でこの客の入りは、まあ納得かなって思いましたね。

各25点満点
かけ流し度 :20点
施設充実度 :16点
お値打ち度 :12点
風情・快適度:11点
総合評価  :59点 評価Cランク
(総合評価のみ100点満点)

「京都府」私が行った温泉・私的評価ランキング

住所:京都府京丹後市久美浜町平田1106-4
電話:0772-83-1071
日帰り入浴営業時間:8:00~21:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人600円、小人200円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。