餌をおねだりする愛嬌たっぷりのヒグマ「昭和新山熊牧場」(北海道有珠郡)

昭和新山にやって来ました。
過去の旅でも近くは通過したんですけど、
ここの駐車場は有料(410円)なんで、寄ったことはありませんでした。
けど、今回は父親が出してくれるってことで、立ち寄ることに(^^;)
そして、ここには熊牧場があるんですよ。
有名なのは登別にもありますけど、めちゃめちゃ入場料高いですよね。
なので、貧乏旅の私は入ったことがないです。
しかし、ここ昭和新山の熊牧場は比較的入場料が安かったので入ってみることに。
「昭和新山熊牧場」を見学します。

餌をおねだりする愛嬌たっぷりのヒグマ「昭和新山熊牧場」(北海道有珠郡)

入場料は大人850円、それでも結構しますけどね。
しかし登別のクマ牧場は2592円もしますもん。
(ただ、施設の規模が全然違うでしょうけど)

スポンサードリンク

剥製の熊が入口で出迎えてくれます。
餌をおねだりする愛嬌たっぷりのヒグマ「昭和新山熊牧場」(北海道有珠郡)

熊はやっぱ怖い・・・
知床で一回追っかけられそうになった時からトラウマになってる。
この今回の北海道車中泊旅でも、できるだけ山ん中に入らないようにしました。
なので、野湯もほとんど行かなかったですね。

入るとすぐに、アライグマがいました。
餌をおねだりする愛嬌たっぷりのヒグマ「昭和新山熊牧場」(北海道有珠郡)

暑い日やったんで、完全にバテてましたね。

そして熊!
餌をおねだりする愛嬌たっぷりのヒグマ「昭和新山熊牧場」(北海道有珠郡)

こっちも暑いんでしょう、水浴びしております。

何匹いるんやろ?
餌をおねだりする愛嬌たっぷりのヒグマ「昭和新山熊牧場」(北海道有珠郡)

およそ100頭いるんだそうな。
いくつかに分けられております、年齢や性別かな?
しかし、こんなとこに落ちたら、一発で喰われるんやろか?

餌になるクッキーが自販機で売られています。
餌をおねだりする愛嬌たっぷりのヒグマ「昭和新山熊牧場」(北海道有珠郡)

せっかくやし、100円のを1つ買いましょう。

ご覧の通り、餌を持った人間が近づくと、熊が立ち上がります。
餌をおねだりする愛嬌たっぷりのヒグマ「昭和新山熊牧場」(北海道有珠郡)

愛嬌ふりまいた方が、自分の所に餌投げてくれるって、熊も分かってるんですね。

そのうちの一頭をアップ。
餌をおねだりする愛嬌たっぷりのヒグマ「昭和新山熊牧場」(北海道有珠郡)

手でおくれおくれとねだる表情が、こうして見ると可愛いんですけどね。

そして、ここの牧場には、「人の檻」という施設があります。
餌をおねだりする愛嬌たっぷりのヒグマ「昭和新山熊牧場」(北海道有珠郡)

熊の目線まで降りることができる場所があり、ガラスと檻越しに観察できるんですよ。
しかし、こうして見ると、でかい。
こんなのと森の中で遭遇して格闘することになったら、一撃でやられ、
餌にされてしまうやろな。

うん、ここから見ると迫力が違います。
餌をおねだりする愛嬌たっぷりのヒグマ「昭和新山熊牧場」(北海道有珠郡)

そのうなり声も聞こえて来ますよ。

登別は入場料高いからと敬遠されていた方でしたら、
こちらの施設もそれなりにヒグマと触れ合える(って直にではないけど)ので、
昭和新山を眺めるついでに、訪問するのもいかがでしょうか。

住所:北海道有珠郡壮瞥町昭和新山183
電話:0142-75-2290
営業時間:8:00~17:00(5~10月)、8:30~16:30(2・3・11月)、
8:30~17:00(4月)、8:30~16:00(12月)、9:00~16:00(1月)
定休日:なし
入場料:中学生以上850円、子供(6歳以上)500円、5歳以下無料
駐車場 50台(有料410円)

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。