小諸市街地にあるホテルの展望風呂「小諸グランドキャッスルホテル」小諸温泉 ブルースカイ(長野小諸)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

長野市を西から東へ横断、小諸市にやって来ました。
ちょうどこの行程に、温泉博士が使えるホテルの日帰り入浴が1つ。
お昼も食ったことやし、ひとっ風呂浴びていきますかっ!
「小諸グランドキャッスルホテル」に立ち寄りました。

小諸市街地にあるホテルの展望風呂「小諸グランドキャッスルホテル」小諸温泉 ブルースカイ(長野小諸)

なかなか大きなホテルですけど、ちょっとくたびれた感はあるかな?
調べてみると365日いつでも同一料金、
夕食は食べ放題飲み放題の伊東園ホテルグループなんですね。
私もこの旅では3度、同グループのホテルで宿泊させていただきました。

スポンサードリンク

入浴料は、大人780円でタオル持参の場合500円となっておりますが、
温泉博士を使って、タオルなしで利用、無料となります。

浴場は上の階、展望風呂になっています。
小諸市街地にあるホテルの展望風呂「小諸グランドキャッスルホテル」小諸温泉 ブルースカイ(長野小諸)

ご覧の内湯のみの構成。
この規模のホテルにしては手狭に感じましたね。
ただ、広い空と信州の美しい山々を眺めながら入浴できます。

しかし、暑い・・・
小諸市街地にあるホテルの展望風呂「小諸グランドキャッスルホテル」小諸温泉 ブルースカイ(長野小諸)

写真ご覧のように、温室のような設計になっており、
この日はよく晴れてましたから、湯に浸からずともめっちゃ暑かった。

お湯は無色透明。
小諸市街地にあるホテルの展望風呂「小諸グランドキャッスルホテル」小諸温泉 ブルースカイ(長野小諸)

浴感はなんも特徴を感じません。

では、泉質表を見てみましょう。
小諸市街地にあるホテルの展望風呂「小諸グランドキャッスルホテル」小諸温泉 ブルースカイ(長野小諸)

もう1枚。
小諸市街地にあるホテルの展望風呂「小諸グランドキャッスルホテル」小諸温泉 ブルースカイ(長野小諸)

源泉温度40.0度、PH値8.54のアルカリ性単純温泉。
成分総計479.9mg/kgと元々の成分自体が非常に薄い上に、
加温、循環ろ過、塩素消毒ありですから、ほぼ白湯と言ってええでしょう。

あと、サウナも併設されております。
小諸市街地にあるホテルの展望風呂「小諸グランドキャッスルホテル」小諸温泉 ブルースカイ(長野小諸)

そして、上がってからの休憩処。
小諸市街地にあるホテルの展望風呂「小諸グランドキャッスルホテル」小諸温泉 ブルースカイ(長野小諸)

全体的に観光ホテルというよりも、ビジネスホテル寄りなんかな?
お風呂は力を入れてないような気がしました。

伊東園ホテルグループを今回何度か利用してみた感想ですが、
温泉、その泉質に期待して行くようなホテルはないと思いますね。
あくまで、夕食に飲み放題食べ放題があって、
休前日でも安く利用できるのが魅力でしょう。
こちらのホテルの日帰り入浴も、物足りなさを感じました。

各25点満点
かけ流し度 :12点
施設充実度 :13点
お値打ち度 :13点
風情・快適度:14点
総合評価  :52点 評価Cランク
(総合評価のみ100点満点)

「長野県」私が行った温泉・私的評価ランキング

住所:長野県小諸市古城1-1-5
電話:0267-22-8000
日帰り入浴営業時間:11:00~21:00
定休日:無休
日帰り入浴料:大人780円(タオル持参の場合500円)


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。