ここのつ(東京北千住)まるでフォアグラのようなトロトロ「究極のレバにら定食」

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

東京滞在最後のランチとなりました。
やって来たのは一番近かった繁華街の北千住。
特に最後やからこれを食おうってもんはなかったですね。
単純に検索してて食べたいなって思った料理。
「ここのつ」ってお店にやって来ました。

ここのつ(東京北千住)まるでフォアグラのようなトロトロ「究極のレバにら定食」

大衆酒場と定食屋を兼ねたようなタイプのお店です。

スポンサードリンク

ランチメニュー。
ここのつ(東京北千住)まるでフォアグラのようなトロトロ「究極のレバにら定食」

惹かれたのはこれやったんです、究極のレバニラ炒め定食(900円)。
私、焼かれてボソボソになったレバーって好きやないんですけど、
生レバーはめちゃめちゃ大好物。
今となっては、外で牛や豚は提供してくれる店はなくなりましたけどね。
けど鶏は若干、生でも取り扱ってる店はあります。
こちらのお店も、半生状態のトロトロで鶏レバーを提供しているみたい。
なので食べてみたいって思ったんですよ。

レバニラをハーフにしたセットもありますけど、レバーたっぷりいただきたいので、
究極のレバニラ定食(900円)を注文します。

店内はこんな雰囲気。
ここのつ(東京北千住)まるでフォアグラのようなトロトロ「究極のレバにら定食」

テーブル席のみ20席程度、大衆酒場っぽいですね。
北千住はこういう店多いな。

ドリンクと居酒屋メニュー。
ここのつ(東京北千住)まるでフォアグラのようなトロトロ「究極のレバにら定食」

ここには私が惹かれそうなもんはない。

出来ました、究極のレバニラ定食(900円)。
ここのつ(東京北千住)まるでフォアグラのようなトロトロ「究極のレバにら定食」

ご飯、味噌汁、冷奴、サラダ、漬け物というオーソドックスな構成です。

ご飯、味噌汁。
ここのつ(東京北千住)まるでフォアグラのようなトロトロ「究極のレバにら定食」

普通です、何も書くことはありません。

サラダ、冷奴など。
ここのつ(東京北千住)まるでフォアグラのようなトロトロ「究極のレバにら定食」

うん、同じく。

しかし、私の求めていたのはこれですからね。
ここのつ(東京北千住)まるでフォアグラのようなトロトロ「究極のレバにら定食」

レバニラ炒め。
中華っぽくはなくって、あくまで日本の味付けの炒め物です。

レバーは大きめでした。
ここのつ(東京北千住)まるでフォアグラのようなトロトロ「究極のレバにら定食」

食べてみると・・・予想してたとおりのレア状態でトロトロ~♪
朝獲れのレバーはこりゃ、絶対に生のまんまでも食えますね。
そして、生レバーを意識してのごま油強めの味付けも、すっごく合ってます。

私のような生レバー好きなら、100%気に入る味に仕上がってます。
東京最後のランチは、美味しい物をいただけて、大満足でした。
ただ、このランチ構成から言って、もうあと150円安ければってとこですね。

旨さ…………18点
安さ…………11点
店の雰囲気…12点
B級度………17点
印象度………14点
総合評価……72点 評価Bランク

グルメのジャンル別・地域別の自己評価ランキング

住所:東京都足立区千住旭町43-13
電話:03-5284-9281
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~24:00(L.O.23:30)
祝日11:30~15:30(L.O.15:00) 17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:日曜

↓お勧めリンク↓

ニッポン定食紀行
スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。