名湯「鹿の湯」近くでひっそり佇む白濁り硫黄泉の日帰り入浴「那須湯本温泉 小鹿の湯」(栃木那須)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

栃木県の那須湯本温泉にやって来ました。
この地で有名なのが共同湯の「鹿の湯」。
地元の方にも大人気で、非常に混雑している濃い~泉質の共同湯です。
私も1度利用しておりますね。

那須湯本温泉「鹿の湯」の記事はこちら!

そしてそのすぐ近くに、同じ泉源を持つ日帰り入浴施設があるんだとか。
「那須湯本温泉 小鹿の湯」に立ち寄りました。

「鹿の湯」近くにあるひっそり佇む白濁り硫黄泉の日帰り入浴「那須湯本温泉 小鹿の湯」(栃木那須)

建物にも、鹿の湯源泉って書いていますね(^^)
そしてこちらの施設は、「はなやホテル」という旅館経営がメインで、
その脇の階段を降りたところに、日帰り専用の窓口を設けております。
日帰り入浴料400円のところ、温泉博士を使って、今回は無料入浴です。

スポンサードリンク

内湯は先客がいっぱいで、写真は撮れませんでした。
「鹿の湯」近くにあるひっそり佇む白濁り硫黄泉の日帰り入浴「那須湯本温泉 小鹿の湯」(栃木那須)

こちらが内湯にあるドアを抜けたところにある、露天風呂。
但し温泉街のまっただ中にあるんで、塀が高く、景色は拝めません。
しかし、その泉質のよさは、この写真見て明らかでしょう。
その白く濁ったお湯からは、硫黄の香りがプンプン!
まさに鹿の湯と寸分違わない泉質です。

では、泉質表で分析してみます。
「鹿の湯」近くにあるひっそり佇む白濁り硫黄泉の日帰り入浴「那須湯本温泉 小鹿の湯」(栃木那須)

源泉温度57.2度、PH値2.6の単純酸性硫黄温泉。
この酸性値はなかない値、湯口近くは結構熱いので、ピリッと肌に感じます。
成分総計は単純温泉ですから、899mg/kgと意外に少なく、
硫酸イオンが370.1と表示されているのが目立つくらい。

ただ、成分に影響を与える項目が全て空白!
「鹿の湯」近くにあるひっそり佇む白濁り硫黄泉の日帰り入浴「那須湯本温泉 小鹿の湯」(栃木那須)

つまり、加水、加温、塩素消毒ない、100%源泉かけ流しなんですよ。
そりゃ、この成分がそのまま肌に感じ取れるわけですから、濃く感じるわけだ。

鹿の湯は常連さんがとんでもなく多く、またその中に入りづらいイメージがあるので、
こっちの「小鹿の湯」はこじんまりとした中、まったりええ入浴ができました。
泉質は一緒ですから、双方、雰囲気を考えて、自分に合った方を選ぶべきですね。
ですので、上記「鹿の湯」の私のレビューもご覧くださいませ。

各25点満点
かけ流し度 :24点
施設充実度 :15点
お値打ち度 :23点
風情・快適度:20点
総合評価  :82点 評価Bランク
(総合評価のみ100点満点)

「栃木県」私が行った温泉・私的評価ランキング

住所:栃木県那須郡那須町湯本77
電話:0287-76-2333(はなやホテル)
営業時間:9:00~21:00
定休日:なし
入浴料:400円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。