「織田信長」が10年間居城にした「本能寺の変」の後の会議でも有名ですね「清州城」(愛知)模擬天守

東海地方の天守閣巡り・・・
ここのお城も一度見てみたかった。
三谷幸喜の映画「清須会議」も見たことありますので、
その舞台となった場所ですしね。
こちらのお城。

「織田信長」が10年間居城にした「本能寺の変」の後の会議でも有名ですね「清州城」(愛知)模擬天守

「清州城」です。

スポンサードリンク

しかし、ええ天気でよかった。
「織田信長」が10年間居城にした「本能寺の変」の後の会議でも有名ですね「清州城」(愛知)模擬天守

想像以上に立派な天守閣で、この青空に映えます。
この清州城は、織田信長が桶狭間の戦いの時はここから出陣もしており、
10年間居城した城なんですよね。

しかし、一切古めかしさがないのがお分かりのとおり、現存天守ではありません。
「織田信長」が10年間居城にした「本能寺の変」の後の会議でも有名ですね「清州城」(愛知)模擬天守

愛知県はご存知のとおり、立派な「名古屋城」があります。
江戸幕府になってからは、廃城となったんですよね。

その清州城の歴史が以下の通りです。
「織田信長」が10年間居城にした「本能寺の変」の後の会議でも有名ですね「清州城」(愛知)模擬天守

もう1枚。
「織田信長」が10年間居城にした「本能寺の変」の後の会議でも有名ですね「清州城」(愛知)模擬天守

ですので、城跡もほとんど残っておらず、
近くの公園に平成元年に建てられた天守閣なんですよ。
またその城の姿も、創建当時の史料が一切残っておらず、
安土桃山時代の他の城を参考にイメージして作られた模擬城なんです。

ですので、江戸時代に残されていた城と比べて、装飾が派手ですね。
「織田信長」が10年間居城にした「本能寺の変」の後の会議でも有名ですね「清州城」(愛知)模擬天守

もし本能寺の変がなく、織田信長の政権となっていれば、
この城の生業も大きく変わっていたでしょう。
ここで行われた清須会議後、秀吉が躍進することで、
次男・織田信雄が相続していたこの城は、秀吉の甥、秀次の居城になります。

庭の様子。
「織田信長」が10年間居城にした「本能寺の変」の後の会議でも有名ですね「清州城」(愛知)模擬天守

なんかイベントがあるのか、武将の姿をした方がおられました。
「織田信長」が10年間居城にした「本能寺の変」の後の会議でも有名ですね「清州城」(愛知)模擬天守

模擬天守ですので、城マニアの方にもさほど人気はないせいか、
GWのこどもの日であったにも関わらず、のんびりとした雰囲気でした。
(2日前の犬山城とはえらい違いでしたね)
入場料払って中へ入らずとも、この天守閣の周りは散策できますから、
愛知・静岡城めぐりの1つに、信長ファンなら加えてみてはどうかと思います。

行ってよかった?
★★★★★★★☆☆☆(10段階評価で星7つ)

住所:愛知県清須市朝日城屋敷1-1
電話:052-409-7330
営業時間:天守閣入場は9:00~16:30、公園内は24時間
定休日:天守閣は月曜〈休日の場合は翌日平日〉、年末(12月29日~31日)
※桜の花見期間・清洲城ふるさとまつりの期間は開館しています
入場料:大人300円 小人150円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。