昭和の斬新なデザインが現在もそのまま残る巨大団地「河原町団地」(神奈川川崎)珍建築

この日は東京から神奈川三浦半島へ移動します。
その途中、一度見ておきたい建築物がありました。
世の中いろんなマニアがおられますよね、その中には団地マニアって方々も(^^)
昭和のレトロな団地群もまだまだ日本各地に残っております。
そういう風景に憧れる方も多いんやろな。
そんな昭和期に作られた団地の中でも、今回はその王様的な存在の団地へ。
川崎市にあります、「河原町団地」に立ち寄りました。

昭和の斬新なデザインが現在もそのまま残る巨大団地「河原町団地」(神奈川川崎)珍建築

まずこの見た目、ホンマに団地か?って思いませんか。
普通の民間マンションに見えるし、また建物自体も非常に綺麗に見える。

スポンサードリンク

こういうとこは、私は不法侵入になりますから、中までは入りません。
昭和の斬新なデザインが現在もそのまま残る巨大団地「河原町団地」(神奈川川崎)珍建築

あくまで外側から外観だけを撮影させていただきます。
しかし、この低層階の段々畑のようなデザインも斬新。
ここ河原町団地を設計したのは、「大谷幸夫」氏という方。
国立京都国際会館、金沢工業大学、東京都児童会館なども手がけている有名な方です。

しかし、敷地があまりにも広すぎる。
昭和の斬新なデザインが現在もそのまま残る巨大団地「河原町団地」(神奈川川崎)珍建築

いったい何棟の建物が建ってるんやろ?
そして、この建物っていったい何年の建築なんでしょうか?
なんと、第一期の入居募集が始まったのは、昭和47年(1972年)なんですよ。
そんな遙か昔には、ホント非常に斬新なデザインやったんやろな。

そして、上でご紹介した段々畑になってる建物ですね。
昭和の斬新なデザインが現在もそのまま残る巨大団地「河原町団地」(神奈川川崎)珍建築

逆Y字の形をしており、これまた現代でも異色のデザインです。
昭和時代に作られた建築物としては、
SF映画で登場した、巨大な未来都市のような景観を意識されていると思いますね。

上層階はこのようになっております。
昭和の斬新なデザインが現在もそのまま残る巨大団地「河原町団地」(神奈川川崎)珍建築

ちょうど間が吹き抜けになっており、そして低層階が段々畑状になっている。
このようなデザインにしたのは、低層階の日照問題を解消するためだとのこと。

この建物の真ん中外側より見上げてみる。
昭和の斬新なデザインが現在もそのまま残る巨大団地「河原町団地」(神奈川川崎)珍建築

なるほど、こうしてわずかなスペースの中、2棟を組み合わせる形で、
この内側にも日が差し込むようになっております。
そして、各階ベランダ側も逆Y字の利を生かした設計なんだな。

昭和のレトロ感は一切感じない団地ではありますけど、
これだけ個性を放つ昭和建築物もなかなかないと思います。
住んでいる方の迷惑にならない程度に、
その外観を眺めてみるのもいかがでしょうか。

住所:神奈川県川崎市幸区河原町1

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。