うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

東京滞在中に、グルメ攻略重点ポイントに揚げていたこと。
それは他の地域では食えない、鰻串をいただくってことです。
この日は亀有をチャリンコ放浪で散策にやって来てたんですが、
鰻の蒲焼き専門店が、鰻串も取り扱っているという情報を入手。
「うなぎ川亀」に立ち寄りました。

うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

亀有らしい、下町の鰻テイクアウト専門店。
鰻高騰の中ですけど、次から次へ蒲焼きを買いに来るお客さんが大勢おられました。

スポンサードリンク

お目当てにしてたもん。
うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

ありますね~串焼き♪
かぶと串(150円)、ひれ串(150円)、きも串(300円)、短冊串(300円)の、
4種類が売られております

しかしですね、店頭のショーケースには一切並んでない・・・
うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

オープン直後に行ったんですけど、どうやら蒲焼きを準備し終わった後で、
鰻串はやり始めるようです。
そりゃ、蒲焼きの残り物的な位置づけやもんな。

ちなみに蒲焼きのお値段はご覧の通り。
うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

国産やとこの大きさで、1800円、1900円はしますよね・・・
ここまでくると、庶民が手を出せる値段ではありません。

別の場所で時間を潰して、12時前に行くと、串が出来上がってました。
うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

きも焼きはあやうく売り切れる直前やった・・・
とりあえず、4種類各2本ずつ購入いたします、合計税込み1944円でした。
(蒲焼き大きいの1串買える値段ですね^^;)

下町老舗店らしい包み(^^)
うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

こんなのもしお土産にいただいたら、ワクワクしながら開封するな。

合計8本の鰻串です。
うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

タレと山椒も別途ついております。

温め方の指南も同封されておりました。
うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

レンジで簡単にできますね。

まず、こちらは鰻のどこの部位やと思います?
うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

かぶと(頭)1本150円なんですよ。
そんじゃ、ガブッとかぶりつきます。
・・・しかし、骨がゴツゴツと歯に当たってめっちゃ食いにくい。
先日、浅草で鰻串を食べた時のかぶとは、
しっっかり骨まで柔らかく煮込まれており、
香ばしく美味しかっただけに、これは残念な串。
東京浅草「うな鐵」の記事はこちら!

次に、ヒレ焼き(1本150円)。
うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

鰻のヒレと紫蘇の葉を一緒に巻いたもの。
にゅるんとした食感で、まさに珍味です。
酒のアテにちょうどええ。

そして、きも焼き(1本300円)。
うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

鰻の内臓を集めて、1串にしたもの。
ま、これはスーパーでも売ってますよね。
けど、味は段違いです、新鮮だからこその内臓の旨み。
今回、購入した中では、きも焼きが一番旨かった。

最後に短冊(1本300円)。
うなぎ川亀(東京亀有)鰻串も売っている鰻蒲焼きテイクアウト専門店

これは正真正銘、鰻の身の部分です。
しかし、300円やと1本のボリュームも少ない・・・
奮発して、蒲焼きの一番小さいのでも買えばよかったな。

家での晩酌にいただきましたけど、お店で食べるよりも物足りなさを感じたのは、
やっぱ焼きたてでないのが、一番の要因だと思います。
東京滞在中に、もう1回はお店で食べてみたい鰻串。
またお店を探してみましょう。

住所:東京都葛飾区亀有3-21-7
電話:03-3601-3507
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜不定休

↓お勧めリンク↓

東京五つ星の鰻と天麩羅

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。