すいませんニセ城ではなくて模擬城でした「お城山展望台 河原城」(鳥取市)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

日本一周旅も山陰に突入です、いざ鳥取県へ。
で、城めぐりですけど、鳥取って天守閣がある城ってないんよな~
(ってこの当時思ってました)
けど、「ふるさと1億円事業」を使って建てた城があるみたい。
そうそう、現代の技術で建てられたニセ城シリーズやなと向かいました。
「お城山展望台 河原城」です。

すいませんニセ城ではなくて模擬城でした「お城山展望台 河原城」(鳥取市)

山を登っていったところにある山城なんですけど、車で容易に辿り着けます。
しかし、結構立派な城ですよね?
それにどこかの城に似てるなて思ったら、「犬山城」。

愛知から静岡にかけて非常に城が多く、天守閣を巡る旅を続けて来ましたが、 この旅ではテーマの1つに、12ある現存天守を全て巡ると定めておりま...

確かに、犬山城をモチーフに建てられた城です。

スポンサードリンク

門が開いておりますね、中へ入りましょう。
すいませんニセ城ではなくて模擬城でした「お城山展望台 河原城」(鳥取市)

全景。
すいませんニセ城ではなくて模擬城でした「お城山展望台 河原城」(鳥取市)

模擬天守閣と言えど、さすが1億円使ってるだけあって、立派。
中は地元、河原町の観光案内所と資料館になっています。
入場料は大人250円ですけど、こういうとこは興味ないんで入りません。

って、入れませんけどね(^^;)
すいませんニセ城ではなくて模擬城でした「お城山展望台 河原城」(鳥取市)

まだオープン前、9時でした。

説明書き。
すいませんニセ城ではなくて模擬城でした「お城山展望台 河原城」(鳥取市)

で、これ読んでいると、ニセ城ではないんですよね・・・
元々、この城の正式名称は「丸山城」で、実際にこの山に建ってたんです。
1580年の羽柴秀吉による第一次鳥取城攻略戦の際にも、
陣が置かれたと伝えられているんですよね。
また、この模擬城建設の際の発掘調査でも、
堀切、柱穴、廓など多くの遺構が発見されたんだとか。
つまり、ニセ城ではなくて、実際に城があった所に建てられた、模擬城扱いです。
すいません、私、間違ってました。

改めて、見上げます。
すいませんニセ城ではなくて模擬城でした「お城山展望台 河原城」(鳥取市)

こうしてみると、白くしたミニ犬山城って雰囲気ですね。

また、この城に登城せずとも、周りを見渡せます。
すいませんニセ城ではなくて模擬城でした「お城山展望台 河原城」(鳥取市)

雨が降り出したので、この日の眺めはよくないですけど。

となると、鳥取県で唯一、天守閣のある城になるんじゃないかな?
鳥取城も米子城も、城跡ですしね。
ですので山陰の城めぐり、ここはマイナーですけど、加えるべきですよ♪

住所:鳥取県鳥取市河原町谷一木1011
電話:0858-85-0046
営業時間:(4~9月)9:30~18:00 (10~3月)9:30~17:00
定休日:月曜、年末年始(元旦は正午まで営業)
入場料:一般250円、高校生以下は無料

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

ランキングに参加しております(^^)
以下、いずれか毎日クリックいただけると、
全国放浪の旅をまだまだ続けようと、励みにもなりますので、
皆様の旅の応援、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。