これ?カボチャなんか?現代アート美術要素がたっぷりの島「直島」(香川県)草間彌生作

今回の高松、島流しの旅。
あらすじは以下で記しています。
「ジャンボフェリー⇔チャリンコ爆走族(その3)」記事はこちら!
まず降り立ったのは「直島」。

出迎えてくれたのは、こんなアートでした。
これ?カボチャなんか?現代アート美術要素がたっぷりの島「直島」(香川県)草間彌生作

フェリーで近づいてきた時、遠目には、
テントウ虫のオブジェでもあるんかな?って思いました。
なんせ、この赤地に黒斑点ですからね。
しかし、近づいてみると、その形はカボチャです。

こちら、草間彌生さんって方の作品で、
作品名は「赤かぼちゃ」。
宮浦港の桟橋に位置しております。

スポンサードリンク

中はこうして、くり抜いている。
これ?カボチャなんか?現代アート美術要素がたっぷりの島「直島」(香川県)草間彌生作

皆さん、次から次へ、こっから顔出して記念撮影しておりました。
外観を、他の方が入らないように撮影するのに、結構苦労した(^^;)

また近くにはこんな椅子が。
これ?カボチャなんか?現代アート美術要素がたっぷりの島「直島」(香川県)草間彌生作

赤血球のような形ですよね。

そして、ベネッセのホテルがある方にチャリンコ漕いでいくと・・・
これ?カボチャなんか?現代アート美術要素がたっぷりの島「直島」(香川県)草間彌生作

そこの桟橋にもカボチャがおりました。
こちらも、草間彌生さんの作で、タイトルは「南瓜」。

桟橋にうかぶカボチャ。
これ?カボチャなんか?現代アート美術要素がたっぷりの島「直島」(香川県)草間彌生作

私、芸術的センスゼロの持ち主なので、
このアートの素晴らしさが、イマイチよく理解できません。
(すいません・・・)

行ってよかった?
★★★★★☆☆☆☆☆(10段階評価で星5つ)

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。