魚沼市に佇む宿泊施設も兼ね備えた巨大スーパー銭湯「神湯温泉 神湯とふれあいの里」(新潟魚沼)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

新潟県魚沼市にやって来ました。
米どころとして有名な地ですけど、ホント何もないのどかな所です(^^)
それなのになぜここに来たかと言えば、温泉博士掲載の温浴施設があったから。
「神湯温泉 神湯とふれあいの里」に立ち寄りました。

魚沼市に佇む宿泊施設も兼ね備えた巨大スーパー銭湯「神湯温泉 神湯とふれあいの里」(新潟魚沼)

到着後、まずその大きさに驚きました。

スポンサードリンク

こちらが、浴場スペースとレストランを結ぶ廊下。
魚沼市に佇む宿泊施設も兼ね備えた巨大スーパー銭湯「神湯温泉 神湯とふれあいの里」(新潟魚沼)

普通のスーパー銭湯施設かと思ったらそうではなく、
宿泊所やレストラン、非常に広く敷地内に作られています。
さらに屋外には、オートキャンプ場、体験農園なども。
なので、館内着のレンタル(200円)までありましたね。
入浴料は大人700円のところ、今回、無料入浴させていただきます。

では、浴場へ。
魚沼市に佇む宿泊施設も兼ね備えた巨大スーパー銭湯「神湯温泉 神湯とふれあいの里」(新潟魚沼)

内湯です。
お湯は完全に無色透明、塩素の匂いもあり、浸かってみても特徴はありません。
都会のどこのスーパー銭湯でもあるタイプです。

泉質表。
魚沼市に佇む宿泊施設も兼ね備えた巨大スーパー銭湯「神湯温泉 神湯とふれあいの里」(新潟魚沼)

もう1枚。
魚沼市に佇む宿泊施設も兼ね備えた巨大スーパー銭湯「神湯温泉 神湯とふれあいの里」(新潟魚沼)

源泉温度27度、PH値7.8の単純温泉。
成分総計も618.8mg/kgと単純泉ですから少ないですね。
そして、加水、加温、循環ろ過、塩素消毒ありの加工ですから、
そりゃ、浴感は全く白湯と変わらないわけだ。

露天はこんな様子。
魚沼市に佇む宿泊施設も兼ね備えた巨大スーパー銭湯「神湯温泉 神湯とふれあいの里」(新潟魚沼)

周りの景色も何も見渡せるものはなく単調ですね。
魚沼市に佇む宿泊施設も兼ね備えた巨大スーパー銭湯「神湯温泉 神湯とふれあいの里」(新潟魚沼)

男女浴場の間の休憩処。
魚沼市に佇む宿泊施設も兼ね備えた巨大スーパー銭湯「神湯温泉 神湯とふれあいの里」(新潟魚沼)

この日は土曜やったんで、結構賑わってましたけど、
施設が広いので、そんな混雑さは感じませんでしたね。

あくまで地元、魚沼市の方向けのスーパー銭湯扱いでしょうね。
またこの地域で用事があって宿泊する必要がある場合、
味気ないビジネスホテルに泊まるよりは、ここの施設の方がええでしょう。
ただ、遠方から温泉を求めて、日帰りで行く施設ではないと思います。

住所:新潟県魚沼市清本583番地
電話:025-799-3350
営業時間:10:00~22:00 (最終受付 21:00)
定休日:休館日はホームページご参照ください
入浴料:大人700円、子供400円
【ナイター(平日17:00~ 土日祝18:00~)】大人550円、子供350円


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。