温泉施設がなぜ城郭風?「岩櫃城温泉くつろぎの館」(群馬吾妻郡)ニセ城シリーズ

草津温泉方面から、本日の車中泊地を目指して、
国道145号線を東へ進んでいました。
すると車窓の左手側に、なにやら城のようなものが見えるではないか。

温泉施設がなぜ城郭風?「岩櫃城温泉くつろぎの館」(群馬吾妻郡)ニセ城シリーズ

こんな所に城があるとはカーナビも示してないし、
建物も明らかに現代の技術を用いた城郭風やなって分かります(^^)
つまり私の追い求めている、ニセ城シリーズに加えるべきですね。
「岩櫃城温泉くつろぎの館」に立ち寄りました。

スポンサードリンク

そう、城のように見えるこの建物は、町営の日帰り専用温浴施設なんですよ。
温泉施設がなぜ城郭風?「岩櫃城温泉くつろぎの館」(群馬吾妻郡)ニセ城シリーズ

温泉は既に、尻焼温泉の旅館の日帰りで入浴してきたことやったんで、
ここでは入浴はいたしません。
しかし、群馬県の吾妻郡は温泉施設がめちゃめちゃ多いよね。

改めて、ここの建物を拝見します。
温泉施設がなぜ城郭風?「岩櫃城温泉くつろぎの館」(群馬吾妻郡)ニセ城シリーズ

最上階は展望ルームになってるのかな?
昔、この地には真田氏の牙城「岩櫃城」があって、
その城伝説をモチーフに建てられたんだそうな。

温泉の泉質は調べてみたところでは、そんな濃い~泉質ではなさげ。
というわけで、他にすごい泉質の温泉地は、この近辺ゴロゴロあるから、
源泉かけ流し好きならスルーして行くでしょうね。
私もさらっと軽く流して、次の目的地を目指します(^^)

住所:群馬県吾妻郡吾妻町大字原町1046
電話:0279-68-2601
営業時間:10:00~21:00
定休日:第4火曜(3、6、9、12月は第4火、水曜)
入浴料:大人3時間400円(小人・障害者300円)
大人5時間700円(小人・障害者500円)
大人1日1200円(小人・障害者800円)
(超過料金1時間ごと、大人200円、小人・障害者150円)

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。