原爆の爆風で倒壊することがなければ風情ある現存城やったでしょうね・・・「広島城」(広島市)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

岡山~広島の山陽道は城めぐりもなかなか充実してました。
中でも、広島市街地には何度も過去来ていながら訪問してなかった城。
「広島城」にやって来ました。

原爆の爆風で倒壊することがなければ風情ある現存城やったでしょうね・・・「広島城」(広島市)

なかなか、個性のある城やと思いませんか。
そう平城としては、名古屋城、岡山城と共に、日本3大平城に数えられる名城です。
そして、この3城とも同じ運命を辿っているんですよ。

スポンサードリンク

太平洋戦争の影響で、どの城もその当時まで現存してたのに焼失・崩壊しました。
原爆の爆風で倒壊することがなければ風情ある現存城やったでしょうね・・・「広島城」(広島市)

「名古屋城」も、「岡山城」も、いずれも空襲の戦火で焼かれましたね。
そして「広島城」はいわずもがな、原爆の爆風です。
その影響で、天守閣は崩壊しました。

周辺、綺麗に整備されています。
原爆の爆風で倒壊することがなければ風情ある現存城やったでしょうね・・・「広島城」(広島市)

原爆資料館と共に、ここも外国人観光客だらけでした。
両方ともすぐ近くですもんね。

この城の史跡。
原爆の爆風で倒壊することがなければ風情ある現存城やったでしょうね・・・「広島城」(広島市)

天正17年(1589年)に毛利輝元が築城しました。
中国地方では、政治の主要地となった場所ですね。
そして福島正則もこの地を治めています。
江戸時代も、「広島藩」として、この地方では一番大きい藩でした。

現在建っているのは、外観復元城です。
原爆の爆風で倒壊することがなければ風情ある現存城やったでしょうね・・・「広島城」(広島市)

1958年(昭和33年)に、鉄筋コンクリート造りで再建されました。
中は史料館になっており、入場料は大人370円。
あまり中は興味なく入ってません。
外観は太平洋戦争まで建ってたわけですから、写真など多数の参考資料があったんで、忠実に再現されています。

その天守閣の麓より。
原爆の爆風で倒壊することがなければ風情ある現存城やったでしょうね・・・「広島城」(広島市)

てっぺんまで登ると、広島市街地を望めますよ。

参考までに、日本3大平城。

「名古屋城」

日本全国天守閣をめぐる旅・・・ ここはね~今まで中に入ったことなかったんですよ。 しかし、姫路城、熊本城とともに日本三名城に数えられるし...

「岡山城」

日本一周車中泊旅の時にも立ち寄った城です。 その時は、既に午後5時を過ぎていたので、ちらっと外観を撮ったのみ。 なので、今回...

そして、今回の「広島城」ですね。
どの城も、非常に立派で、個性ある外観なんですよ。
なので、戦争の戦火が非常に恨めしい。
そのまま現存城として残っていたら、絶対どの城も「国宝」やったでしょう。
残念です。

住所:広島県広島市中区基町21-1
電話:082-221-7512
営業時間:9:00~18:00 ただし、12~2月の平日は9:00-17:00まで
定休日:12月9日、12月29日~12月31日
入場料:大人370円、高校生180円

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。