寸志で入浴できる奥飛騨の極上露天風呂!「平湯民俗館・平湯の湯」(岐阜奥飛騨)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

この日は奥飛騨を出発し、長野方面に向かいます。
その道中、この奥飛騨、乗鞍岳あたりから、山を下って行くと、
ええ温泉もありませんし、温泉博士、まっとうな温泉の手形を使える施設もない。
なので、ここ奥飛騨で安く入浴できるところで済ませておきましょう。
「平湯民俗館・平湯の湯」に立ち寄りました。

寸志で入浴できる奥飛騨の極上露天風呂!「平湯民俗館・平湯の湯」(岐阜奥飛騨)

無料見学できる、木造茅葺きで入母屋風の民家を改造して作られた民俗資料館。
その一角に、露天風呂の温泉があるんですよ。

スポンサードリンク

入浴料は寸志として300円を目安にしてください。
寸志で入浴できる奥飛騨の極上露天風呂!「平湯民俗館・平湯の湯」(岐阜奥飛騨)

男女別のこのような簡易の脱衣小屋となっております。

こちらの露天風呂のみになっております。
寸志で入浴できる奥飛騨の極上露天風呂!「平湯民俗館・平湯の湯」(岐阜奥飛騨)

アメニティ関係も、洗い場も、一切なくシンプル。
薄く濁ったお湯からは、少し金気がかった匂いがしております。
湯温は結構熱く、43度前後くらいに自身には感じました。
ただ、ここの露天は以前にも利用したことあるんですけど、
泉質が薄まった感がありました。

では、泉質表で分析してみましょうか。
寸志で入浴できる奥飛騨の極上露天風呂!「平湯民俗館・平湯の湯」(岐阜奥飛騨)

もう1枚。
寸志で入浴できる奥飛騨の極上露天風呂!「平湯民俗館・平湯の湯」(岐阜奥飛騨)

源泉温度表示はなく、供給箇所の表示のみで、47.5度。
PH値6.8の単純温泉(低張性中性高温泉)。
但し加水後なんで、元々はナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉。
成分総計は書かれておりませんが、溶存物質(ガス性を除く)は910mg/kg。
その泉質には特徴はありません。
そして、加水は山水を利用しているんだそう、その混合泉です。
浴槽を見た感じ、循環されている様子はないので、
その混合泉を完全かけ流しで運営されているようです。

以前より薄く感じたのは、混合泉になったからのかは定かではないです。
寸志で入浴できる奥飛騨の極上露天風呂!「平湯民俗館・平湯の湯」(岐阜奥飛騨)

ただ、同じ平湯温泉の他の泉質と比べると、見劣りはしました。
つい先日は、すぐ近くの以下の旅館も利用しましたしね。

なんと!奥飛騨の温泉に1400円で宿泊できる「穂高荘倶楽部」の記事はこちら!

この近辺、有名な日帰り入浴としては、「ひらゆの森」があります。
入浴料から、露天風呂の広さと開放感、そして泉質など、総合的に判断すると
ここ奥飛騨で日帰りで入浴していくなら、そちらをオススメしますね。

「ひらゆの森」の記事はこちら!

ただこちらの露天は混雑感がなく、ザワザワもしてませんから、
落ち着いて、1人ゆっくり入浴されたい方にはええと思います。

各25点満点
かけ流し度 :20点
施設充実度 :17点
お値打ち度 :25点
風情・快適度:14点
総合評価  :76点 評価Bランク
(総合評価のみ100点満点)
※再訪でかけ流し度評価点がダウンです。

「岐阜県」私が行った温泉・私的評価ランキング

住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
電話:0578-89-3338(ひらゆの森)
営業時間:6:00~21:00(冬期8:00~19:00)
定休日:不定休
入浴料:寸志300円程度、見学は無料


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★

スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。