徳川家康の居城でもあった出世城「浜松城」(静岡県浜松市)復興天守

日本全国天守閣巡りシリーズ。
静岡県に突入し、まずはこちらの天守閣を見にやって来ました。
浜松城です。

徳川家康の居城でもあった出世城「浜松城」(静岡県浜松市)復興天守

想像してたよりも小さな城だなってのが第一印象。
だって、あの徳川家康が在城してた期間が、
29歳から45歳までの17年間と、非常に長い城なんですよ。
その後も、江戸幕府の重役になった城主が非常に多いんですよね。
なので、「出世城」とも呼ばれております。

スポンサードリンク

ここ浜松城周辺は、非常に広い公園になっています。
徳川家康の居城でもあった出世城「浜松城」(静岡県浜松市)復興天守

美術館もあったりして、市民の憩いの場ですね。
この日も小学生のオリエンテーリングか遠足か分からないが、
いくつかの学校が来訪されていました。

この天守台の説明書き。
徳川家康の居城でもあった出世城「浜松城」(静岡県浜松市)復興天守

これを見ると、江戸時代前期には天守閣は実在してなかったようですね。
すでに戦国の世も終わり、建てる必要性もなかったんでしょう。
なので、以前の城がどんなのだったかもわからないので、
いちお1958年に鉄筋コンクリート製で造られた、
復興天守という名目になっていますけど、私の観点では模擬城扱いでしょうね。
実在の天守閣は、推測では三重四階の立派なものだったと書かれていますし。

なので、こうして小さい印象の天守閣なんだな。
徳川家康の居城でもあった出世城「浜松城」(静岡県浜松市)復興天守

中へ入るには入場料は200円ですけど、現存天守以外は入らない予定の旅。
スルーします。
徳川家康はそんな好きやないし。

そんな特徴のない浜松城ですけど、この石垣は特徴あります。
徳川家康の居城でもあった出世城「浜松城」(静岡県浜松市)復興天守

説明書き。
徳川家康の居城でもあった出世城「浜松城」(静岡県浜松市)復興天守

400年前に積み上げられた野面積みが、そのまま残されています。
こういうの見ると、なんだか登りたくなるのは私だけ?(^^;)

あ、この公園にある交番も、城郭風のデザインでした。
徳川家康の居城でもあった出世城「浜松城」(静岡県浜松市)復興天守

ニセ城シリーズも兼ねたな(^^)

それほどインパクトがある城ではないので、
遠方からわざわざってほどではないかな?
徳川家康好きか、私のように天守閣のある城めぐりをやってる人間には、
欠かせませんけどね(^^)

行ってよかった?
★★★★★☆☆☆☆☆(10段階評価で星5つ)

住所:静岡県浜松市中区元城町100-2
電話:053-453-3872
開館時間:8:30~16:30
休館日:12月29日・30日・31日
入場料:大人(高校生以上)200円 ※中学生以下は無料

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。