約200名もの人間が犠牲となった雪中行軍「八甲田山雪中行軍遭難資料館」(青森市)

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

青森県の有料見学施設では、必ず行こうと思っていた地です。
八甲田山では、日露戦争前の雪中行軍訓練で約200名もの方が亡くなりました。
その映画をリスクマネジメントの教材として、研修で見たこともあります。
「八甲田山雪中行軍遭難資料館」で、その行軍の模様を見学いたしましょう。

約200名もの人間が犠牲となって雪中行軍「八甲田山雪中行軍遭難資料館」(青森市)

入場料は、大人260円です。

スポンサードリンク

入ってすぐに、こちらの人物の像が。
約200名もの人間が犠牲となって雪中行軍「八甲田山雪中行軍遭難資料館」(青森市)

後藤房之助伍長。
実際の銅像は、八甲田山山中に立っており、こちらはFRP製のレプリカです。

目を見開いたままの仮死状態で、後藤伍長は捜索隊により発見されました。
約200名もの人間が犠牲となって雪中行軍「八甲田山雪中行軍遭難資料館」(青森市)

彼は助かりますが、凍傷で両手、両足を失いました。
ただ、その証言により、捜索隊が本格的に活動できたんだそう。

ずらっとパネルで、いかに雪中行軍がプランニングされたか説明されています。
約200名もの人間が犠牲となって雪中行軍「八甲田山雪中行軍遭難資料館」(青森市)

訓練に参加した人間210名中199名が死亡しました。
世界で起こった山岳遭難では、史上最悪の死亡者数です。
またパネルとともに、実際どのように行軍を進めたか、
その模様をわかりやすく、卓上に模型を作っておられます。

けど200名も亡くなった隊もあれば、1人も死なずに完遂した隊もあるんです。
約200名もの人間が犠牲となって雪中行軍「八甲田山雪中行軍遭難資料館」(青森市)

事前の準備と、その地に詳しい地元民の参加。
映画では犠牲者を出さなかった隊は、高倉健が隊長を演じてました。
実際の仕事で役立つ要素が、この映画には詰まっておりました。

そして200名もの犠牲者を出した隊長は、謎の死を遂げております。
約200名もの人間が犠牲となって雪中行軍「八甲田山雪中行軍遭難資料館」(青森市)

陸軍首脳の指示で薬殺された説が有力なんだそう。
映画では三國連太郎が演じておりました。
よく、○○だろうで仕事を進めるなと、
私自身、若い頃から上司にも言われてきましたし、それを遵守して生きてきました。
希望的観測で仕事を進めると、えらいめに遭遇します。

旅本編でも書きましたが、リスクマネジメント・・・
仕事ではもちろんですが、旅のプランニングにおいても重要です。
一度、この映画は見てみるべきだと、私はオススメいたします。

(日本一周旅148日目前編)の記事はこちら。

住所:青森市幸畑字阿部野163-4
電話:017-728-7063
営業時間:9:00~18:00(4月~10月) 9:00~16:30(11月~3月)
定休日:12/31、1/1、2月の第4水・木曜
入場料:大人260円、大学・高校生130円、70歳以上と中学生以下は無料

↓お勧めリンク↓

【送料無料】ワンダーJAPAN(日本の不思議な《異空間》800)
スポンサードリンク

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ にほんブログ村 北海道グルメへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。